プロフィール

 ヒロキエ

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀座 小十

銀座 小十

2012年6月に移転しました

中央区銀座5-4-8 カリオカビル4F

12:00~13:00/18:00~21:30
定休:日・祝


以前の場所


移転前の記事です


koju1.jpg
koju2.jpg
koju3.jpg
koju4.jpg
koju5.jpg


ミシュラン三つ星の和食店
銀座「小十」

椀物だけは
酸味が感じられて
私の好みでは
ありませんでしたが

お造り「アオリイカ」の強い甘み

タデ酢も何も付けずにいただく
「焼き鮎」の香ばしさ

フワッとした肉厚の身と
カリカリの皮の対比が楽しい
琵琶湖産「天然鰻」など

素材の味を生かした料理は
どれも素晴らしいものでした




私には人の顔の特徴、動作のクセなどを
観察する習性があります

これは法廷画家としての職業柄
身についたものなのですが
料理店へ行ってもこの習性が
顔を出してしまうことが多々あるんです

特に目の前で仕事をする店主を
見ることができる店の場合

店主の調理姿を見れるのは
お得な気分なのですが
自然とその動作全体を目で追って
分析してしまいます

その結果、いろいろと余計なことまで
目に入ってきて…
そのことが気になって食べることに
集中できなくなったり…

まぁ、私みたいな者には
六本木「龍吟」のような
調理中の店主の動きが見えない店の方が
食べることに集中できて
良いのかなぁ
なんて思ってしまいました




8月上旬に放映された
NHK ふたり
「しのぎあい、果てなき絆
日本料理人・山本征治×奥田透」
を観たお蔭で

「龍吟」と「小十」
夏メニューの食べ比べは
非常に興味深く
楽しいものになりました




スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。