プロフィール

 ヒロキエ

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪しい客=グルメブロガー?

lasauce6.jpg


「グルメブロガーらしき人」を
お店の中で見かけたことはありませんか?

こうして第三者的に見てみると
ブログに記事を書くために店を訪れる人には、
あきらかに普通のお客さんとは違った
独特の雰囲気を感じとれます

特に一人で店にくるお客さん

店に入ったら自分の他には
どんなお客さんがきているのか?
チェックしてみるのも
また楽しいものです

私の立場からすると
もしかしたら、いつもブログ上で
コメントのやりとりをしている人と
すでにお店で顔を合わせて
いるのかもしれません




一人客の怪しいブロガーもいますが、「オフ会」の集団も
怪しすぎて大変だったりしますねー。

料理が一品づつ出てくるたびに一斉にデジカメを出して
あらゆる角度から撮りまくる光景は、どう見ても異様な
集団です...☆

投稿: tsukijigo | 2006年6月 1日 (木) 13:06


tsukijigo様 どうも。
昨日の御ブログ「築地場内でおそらく一番安く食べられる定食」
…塩と油の競演である鮭のカマの一部だけを4つ集めた480円の定食。
あの記事、ツボに入りましたぁ〜(笑)面白すぎ!

ちなみに今朝も「築地で朝ごはん」でした。
二日続けての「中栄」訪問。
4コマ調理、だんだんと形が見えてきましたよ。

ところでオフ会、面白そうですね。
今度、機会が会ったら誘って下さい。

投稿: ヒロキエ | 2006年6月 1日 (木) 13:52


こんばんは。

私もまさにこんな感じですね。
以前に比べて、味などをいろいろと考えて
いただくようになりました。
ただ漫然といただくのとは大違いです。

それでは、失礼します。

投稿: USHIZO | 2006年6月 1日 (木) 23:50


USHIZO様 こんばんは。

今夜、京橋で「北●ラーメン」なるものを食べました。
味噌ラーメンの上に生イクラがドサッツと
のっかってるんですが、これがもう~もの凄い生臭さ!

甘いコーンと一緒に頬張ると、生臭さと甘さが
混沌として更に凄まじいお味に。
おまけにサービスのモヤシキムチまで加えると、
何が何だか分からない不気味な味に進化?して、
もうホント気持ち悪いの何のって!
トイレに駆け込む寸前までいきました。

負けてなるものかと、スープも一滴残らず
飲み干して帰宅しましたが、
そうした馬鹿げた行為がたたって、
胃のムカツキがいまだ取れません。

いままでに食べたラーメンの中で、
間違いなく「ワースト3」に入る代物でした。

おやすみなさい。

投稿: ヒロキエ | 2006年6月 2日 (金) 00:13


最近、堂々と写真を撮っている自分にハタと気づいて
ちょっと複雑な心境になることがあります。
やっぱりどこかでハシタナイコトしてるな~って気持ちが
あるのです、これでも(笑)。
ま、そーいーながらぱったりやめる訳でもないのですけれど~。

投稿: まさぴ。 | 2006年6月 2日 (金) 10:10


まさぴょん様 おはようございます。
今回の漫画。「グルメブロガーの皆さんは、
ひきつり気味の苦笑で読めるでしょうね〜」と、
tsukijigoさんが言っておりました。

昨夜、食べたラーメンの悪夢を
早く消したいがために、今朝も築地へgoです。
「やじ満」初訪問です。
普通のラーメンと大きなシュウマイを食べました。
シュウマイが旨い!
ソース、辛し醤油、ラー油、酢…卓上のいろいろなものを
ぶっかけて食べ比べてみましたが、
私が一番良いと思ったのは「何もかけない」こと。
ここのシュウマイはそれが一番美味しかったです。

投稿: ヒロキエ | 2006年6月 2日 (金) 11:03


いやぁ~、おもしろすぎです。
思わず苦笑してしまいました。

今日行ったお店で、挙動があやしかったのか、
写真撮影禁止を言い渡され、
ちょっとへこんでおります(笑

投稿: abuyasu | 2006年6月 3日 (土) 19:47


abuyasu様 こんばんわ。

やっぱり、写真撮影はダメッと、言われることあるんですね。
う~ん、いまどき頭固い店だなぁ~と思っちゃいますけど。

投稿: ヒロキエ | 2006年6月 3日 (土) 21:16


こんにちは!おもしろいですね!
以前に「写真を撮ること」についてのご質問があり、
それに関して意見というか、私のやり方を
ご紹介した記事はこちらです。
ただ、Yahoo!ブログのファンの方限定の記事にしてました。
1週間だけ、限定を解除しますので、その間はご覧に頂けます。
大したこと有りませんが、宜しければ・・・

投稿: NOBLE | 2006年6月 3日 (土) 22:02


NOBLE様

Yahoo!ブログ騒動part2じゃないでしょうねぇ?(笑)
あまりの重さに不安になります、マジで。

おお何とか無事に拝見できました。
うう~む、これはかなり参考になる記事ですね。
撮影有事の際にはこの記事を思い出します。

投稿: ヒロキエ | 2006年6月 3日 (土) 22:48


こんばんは。

NOBLEさんの記事を拝見しました。
うーん、確かにそうですね。度が過ぎなければ
良いのではないかなぁと思います。
私はゲームボーイアドバンスSPくらいの大きさの
デジカメを使っています。
もちろんフラッシュは炊きません。

前にお店の外で、外観をうっかりフラッシュで
撮影してしまったら、お店の店員に
「うちの店主が呼んでますので、ちょっと」と
言われました。
頑固そうな店主が「今の写真どうするんですか」
と言うので「今度食べに来ようと思って…」
と正直に言いました。

でも次回行く気がしなくなりました。
あくまでお店とお客は対等ですよ。
「お客様は神様です」とまでは言いませんが
提供された食事への対価として料金を支払う。
それ以上でも、それ以下でもないと思います。

「取材禁止」と書かれている蔦カレーは例外としても
他のお客さんに迷惑すぎる行為だったり、
お店の雰囲気を著しく害する行為じゃなければ
それほど目くじら立てなくても良いのでは
ないかなぁと思います。

モーターショーやゲームショーでの
コンパニオン目当てで、撮影に来ている方と
違って、ちゃんと食べにお店に訪問して、
美味しくいただきますから。
これで残したり、ちゃんと食べなかったら問題ですが。

それでは、長文失礼しました。

投稿: USHIZO | 2006年6月 4日 (日) 00:20


こんばんわ USHIZO様。

グルメブロガーの皆様はやはり写真撮影に際しては、
いろいろな経験をお持ちなんですね。
私も何度か注意された経験がありますが、
そうした店には、たしかに2度と行くことはないだろう、
という気持ちになってしまいます。

蔦カレーこと「印度風カリーライス」で、
私の並びにいた男性客がカレーを指さし
「これ撮っていいかなぁ?」と
おばちゃんに聞いている場面に遭遇したことがあります。

うわ~やばいっ!とドキドキしながら
事の成り行きを見ていましたが、
おばちゃんは少し困った顔をしながらも
「え…ええ…いいですよ…」ってな感じで
しぶしぶ了承していました。
蔦カレーでさえ、こうなのにねぇ。

タダで宣伝してもらえる!
と、合理的に考えて喜べない店は、大体、
ご年配の方が仕切っている店が多いように思われますが。

投稿: ヒロキエ | 2006年6月 4日 (日) 00:57


そうですね・・・むずかしいですね。
私も基本的にはなるべく見つからないように撮ります。
お話ししましたとおり、携帯での撮影なんで
、それほど警戒されないのも有ると思います。
多分、カシャッと撮って、忙しなくノートに
ゴソゴソ書いてるとバレバレ(笑)
そこらへん、タイミングを見計らってます。
ただ、中にはマナーが悪い人もいらっしゃるんでしょうね。
そういう人がいると、心ある(←誰がじゃ?)
ブロガーにもとばっちりが来ますよね。

投稿: NOBLE | 2006年6月 4日 (日) 07:32


ヒロキエさん・・・
Yahoo!・・・重すぎです。
ホントに、疲れちゃいます
ご迷惑をお掛けしててすみませんです・・・
これに懲りずに、どうぞ宜しくお願い申し上げます(泣)

投稿: NOBLE | 2006年6月 4日 (日) 07:34


NOBLE様

私の場合
1 見つからないように撮る
2 お店に許可をもらってから撮る
3 撮らずにメモる

3は、どうーしても1や2ができない状況のとき、
もしくは撮る必要がないときに実行してます。

投稿: ヒロキエ | 2006年6月 4日 (日) 08:09


NOBLE様 追伸

Yahoo!ブログでストレスが溜まったり、
ノイローゼになったりした人って
いないのでしょうか?(笑)

でも真面目な話として、
NOBLE様の胃の調子とも関係してくるのでは?
と心秘かに案じております。

投稿: ヒロキエ | 2006年6月 4日 (日) 08:41


はい・・・
ご心配有り難うございます。
ま、私の体調はともかくとして(汗)
この重さに辟易して、離れる人もいますね、結構。
でも、Yahoo!の多機能さは魅力なので。。。。
私は絶対に改善されると思いつつ・・・
たまに叱咤激励のメールをYahoo!殿に出しております・・・

投稿: NOBLE | 2006年6月 4日 (日) 10:05


NOBLE様

Yahoo!さん、改善されると良いですね。
いや、必ず改善される!と信じましょう。

投稿: ヒロキエ | 2006年6月 4日 (日) 10:23


いや~本当に参考になりますね。この話題では皆さん、
ブロガーならではの工夫や苦労談や
「自分なりのルール」があるでしょうから。
ちなみに私は一昨日、初めて「写真ダメ」と断られましたが、
それはabuyasu様が撮影に成功したお店でした。

あと個人的に一番ドキドキしたのは、
某ラーメン・三田本店で“動画”を撮ったときで、
友人からは「よくやった!」と絶賛されましたが、
あのお店を知る者としては心臓に悪い経験でした☆

投稿: tsukijigo | 2006年6月 4日 (日) 14:52


すみません、自己レスです。さきほどのコメントで
「撮影に成功」しておられたのはabuyasu様ではなく
takapu様で・・・大変失礼しました!

投稿: tsukijigo | 2006年6月 4日 (日) 14:57


tsukijigo様

しっかしムチャしますねぇー!!
某ラーメン「三田二郎」で動画を撮るとは!
tsukijigo様は
ツキジスト兼ジロリスト?(^^)

投稿: ヒロキエ | 2006年6月 4日 (日) 15:14


tsukijigo様

最近、お疲れ気味なのでは?(笑)

tsukijigo様 オキニの「やじ満」姉さん
私が見た人とは、どうやら別人らしい???
カキラーメンが出る季節になったら再訪問します。

投稿: ヒロキエ | 2006年6月 4日 (日) 15:21


確かに・・・暑さが苦手なので、春の集中更新が終わったら
シーズンオフを決めこんで休眠モードに入るんですよ。
このあと一気に更新ペースダウンしますが、ご容赦を☆

投稿: tsukijigo | 2006年6月 4日 (日) 15:36


tsukijigo様

「夏こそ食べよう ラーメン二郎」を標語に掲げ、
この夏の暑さを乗り切って下さい。
(うわ暑そうー☀〻)

投稿: ヒロキエ | 2006年6月 4日 (日) 15:47


いつも楽しく拝見しています。
色んなグルメブロガーがありますが、
こちらはオリジナリティと体温あるイラストで
非常に好ましく思っています。

先に写真撮影云々がお話に上っていましたが、
最近は「食事を楽しみにきた」というより、
「ブログのネタを探しにきた」空気満載で、
ジャーナリスト気分に酔っているような
お客様が多いことは確かで、
(つまり店内の空気が読めなくて、自分のお姿を
第三者の目で意識することができない方)
現場のスタッフも、ご注意申し上げたほうがよいかどうか、
迷ってしまう場面が少なくないことは確かです。

日本人は「ソノ気」になりやすい気質の民族と云えます。
マナーやエチケットという暗黙の空気読みが、マニュアルや、
「他のお客様にご迷惑になりますのでご遠慮を」等の
姿勢で示されていないと、とめどない無遠慮さに
他のお客様が不快な思いを持たれることになる
(=誰もが公平に楽しんでくださる雰囲気の阻害になる)
のかな、と悩むところでもあります。

「美味しかったから紹介したい」のお気持ちは
有り難いのですけれども、この兼ね合いが非常に難しいです・・。
結局、個人嗜好と体験の紹介でもあるわけですし。
来店して即キョロキョロしてデジカメを卓上に載せる、
それはマナー等の枠の前に、品性の話とも感ずるのですが。

こちらのサイトが好きなのは、そういった点で、
非常にフラットな精神と感ずるからです。
本来、食文化の深い欧州で、
「○○の家」とか「ビストロ○○」と名があるのは、
「○○氏のお家にお邪魔してその味を楽しませていただく」
の観念が客側にもあるためです。
誰しも、評価や掲載を意識して
ご提供しているわけではないですしね。
自分らは載るかどうかより、他のお客様に余計な不快感や
警戒感を持たせてしまうことのほうが
気になります。

長くなりました。

投稿: 店側人間 | 2006年6月16日 (金) 13:39


店側人間様 丁重なコメントをいただき
誠にありがとうございます。

私は参考程度の写真しか撮りませんが、
いつも何食わぬ顔で携帯で撮影しています。
でも店側や、他のお客さんたちの目が気になって
撮れないこともあるんですよ。
また逆に、凄く混雑しているから
ドサクサに紛れて撮りやすかったり、
店自体に何やら気軽には撮れないオーラが出ていて
(例えば:すきやばし次郎)撮れなかったりと、
ホントにケース・バイ・ケースですね。

私のブログは写真を中心にした形ではないために
気楽ですけど、写真が撮れないと、
どうしてもインパクトが弱くなってしまう性質も持った
ブロガーさんたちにとっては、これは深刻な問題です。

他のお客様の迷惑になる行為というのは、いっぱいありますよね。
喫煙は勿論のこと、香水のつけ過ぎとか、
酔って大声でお喋りするとか。
これらに比べて写真を撮影するという行為は、
さほど他のお客様の迷惑にはならないのでは
ないかと私は思っています。
撮影のために席を立って他のお客様にぶつかったり、
尻を向けたりすれば確実に迷惑になりますけど。

また店側としても複雑で深刻な気持ちを
お持ちになるのも理解はできます。
他のお客様に迷惑にならないだろうか?という大事な一点。
そしてブロガーさんもお客様である事には違いない。
ある意味、一般のお客様以上に影響力を
持った存在なのだから注意もしにくい。
店に対して不快な思いを持って帰り、
批判的な記事を書いてもらっても困る。
様々な思惑に苦しむのでしょうね。

私の漫画にはまだあまり反映してませんが、
私は気にいった店とは店側の方に
積極的に話しかけて交流を持つ様にしています。
本当はひとつひとつの店と、
その様な心の交流が出来てから、
写真撮影の許可と守るべきマナーの確認をし合う
ことが出来れば一番良いのでしょうね。
お店側も忙しいですし、
正直言ってなかなか難しいですよね。

店側人間様、とても貴重なコメントを戴いて有意義でした。
本当にありがとうございました。
またお待ちしております。

投稿: ヒロキエ | 2006年6月16日 (金) 15:33


仰る通りです。
こちらの無礼な言葉足らずを汲んでくだすって、
感謝しております。
自分は、店も、普段の人間関係も、
空気や距離感を読むという点では同じだと思うのです。
つまり、押しと引き、キャッチボールの呼吸、
それは双方ともに相手を尊重していないと成り立ちません。

例えばバル形式で、皆がカウンターを囲んで
会話をメインにアルコールとタパス等を楽しんで寛いでいる中、
携帯カメラ音が響いたり、人によっては
暗いからとフラッシュを焚いたり、
料理が目の前に来てもすぐに召し上がらずに
写真を撮ることに腐心していたり、
店員がいなくなってからを窺っている様子を周りから見ると、
やはりそれは異質な空気の方なんですね。
「マナー知らずだな」という顔して見られるのは、
仰るとおり、周りの様子や食事進行度を見ずに喫煙し始める人や、
公害なほどに香水のきつい方、
声のトーンを調整できない人も同枠なんです。

友人の天麩羅職人も、
「最近は何かにつけてパシャパシャ撮りやがる輩が増えて、
海老に火が入りきっちまう!と思うんだがなぁ。哀しくなるよ。
日本人に侘び寂が分からん時代になっちまった
なんて言うと商売にならんのかなぁ」と自嘲気味に話していましたが、
彼の場合は頑なな職人気質としても、自分らも一期一会と思って接客、
おもてなししている身ですから、そんなスパイみたいに動かないで、
堂々と「写真撮りたいんだ」と言ってくださるなり
目でニュアンス送ってくだされば
「他のお客様に迷惑にならないようにお願いシマスネ」とか、
キャッチボールのしようはあるのになぁ、と思うわけです。
皆、人間ですからネ。
自分がされて厭な空気を相手に発しないように、
してほしいことを言われる前に汲む、が人間関係なり
接客の基本なんだろうと思ってはいても、
自分も天麩羅屋の友人のような思いを持つお客様もいるわけです(笑)。

こちらのサイトが好きな理由は、
管理人さんが「大人の精神」でいらっしゃるためと思います。
それは、押し引きの程度が計れることを言うと、
個人的には思っております。
こんなスタンスのグルメブログが増えると
日本の食文化もゆったり豊かになっていいなぁ、と
思う次第です。お世辞でなく。
がつがつしてるのは時代だけで充分ですから(笑)。

クドクなりました。返レス不要にございます。

投稿: 店側人間 | 2006年6月18日 (日) 01:00


店側人間様 こんばんは。
再び貴重なコメントを入れていただいて、
ありがとうございます。

そうですね。
「空気が読めない人」「距離感を掴めない人」
もっと大きく言うと
「自己中心的で、人の立場に立って物事を考えられない人」。
そういう人がお店の中に限らず、
どんな場面でも増えているような気がしますね。
と言っている私も、その中の一人かもしれません(笑)。

「論語」でしたか
「己の欲せざる所は人に施すなかれ」
まず自分自身いつも、これを肝に銘じて
人と接して行かなくては、と
店側人間様からいただいたコメントを読んで襟を正しました。

ところで「料理」は「味の芸術」とよく言われます。
私は「味」と同時に「視覚」的にも、
料理はとても美しい芸術だと思っております。
こんなこと料理の道を歩んでいらっしゃる店側人間様には、
それこそ「釈迦に説法」でしょうけど。

私のこのブログの左サイドバーにある「おすすめサイト」。
この中の「ひるどき日本ランチ日記」「じぶん日記」
はじめとする写真を中心にしたブログ。
ここにアップされた見事な写真を
是非ともじっくりと御覧いただきたいと思います。
見ていると、ひとつひとつの料理や食材が、いかに美しいか。
しばし時の流れるのも忘れて見入ってしまう程です。

これはお店に実際に足を運んで
料理そのもの現物を目の前にした場合、
我々はいくらその料理のフォルムの美しさに感動したとしても、
いつまでも眺めている訳にはいきません。
料理はその第一に「舌で味わう芸術」ですから。
店側としては、ご友人の天麩羅職人様のように
「早く食べてくれないと、
折角の天ぷらが美味くなくなっちゃうよー!」と
叫びたくなるでしょう。

時間軸に沿って楽しむ芸術という点では
「舌と鼻」で楽しむ「料理」は、
「耳」で楽しむ「音楽」に近いのかもしれませんね。

話を戻しますが「料理」には「目」で楽しむ要素があります。
と言っても、誰もが「料理」を食べるために店へ足を運び、
食べるためにお金を支払うのであって、
「料理」を見るためではないことは当然です。

しかしきっかけがなければ店に足を運ぶことはしません。
その有効なきっかけとなるのが、
料理や店の内装等を写真と記事で伝える情報です。
その情報もいまや特定の宣伝や思惑がからんだガイド本よりも、
一般の人が身銭をきって集めた情報の方が、
余程信頼にたるものが多いのです。

その意味でお店側は「グルメブロガーを有効活用しよう」位の
気持ちに切り替えて行ってもいいような気がします。
広告宣伝費が一切かからず、無料で宣伝してくれるのですから。

私の立場からは「情報をありがとう」とともに、
「料理の美しい写真を残して、見せてくれてありがとう」
ですけどね。

ともかく店側人間様の仰る通り、
キャッチボールしないと駄目ですよね。
私もこれからは極力、お店とコミュニケーションを図るようにして、
堂々と「写真撮ってもいいですか?」と
確認するように努力して行きます。

深夜、一度目が覚めて何気なくPCをのぞいたら店側人間様より、
またも貴重がコメントが送られていたので、嬉しくなり、
そのまま一気に書き込んじゃいました。
ちょっと支離滅裂ですみません。
店側人間様 ありがとうございました。
またコメント 心よりお待ちしております。

投稿: ヒロキエ | 2006年6月18日 (日) 03:49


店側人間さん、こんにちは!
仰ることはとても良く分かります。
ブロガーも反省しなければいけない点は多々有ると思います。
とても考えながら読ませて頂きました。

私も結構乱暴な記事を書いております。
私は365日カレーでも良いと思っている人間です。
私のカレーに対する、そしてお店に対する思い入れや評価は、
提供される味だけではなく、私なりに
色々と基準がありまして、・・・(中略)・・・
それを通して、より多くの方がカレー好きに
なってくれると良いなあ・・・と思ってやってます。
なので、カレーを食べに行くという行為と、
お店を紹介するためにカレーを食べに行く、
というのは切っても切り離せないのです。
でも、まずはお店が無いとカレーも食べられない。
勿論、ushizoさんが仰るとおり「店と客は五分」ですよ。
それが常に良い関係であることを、
それぞれが願わなければいけませんね。
勉強になりました。

投稿: NOBLE | 2006年6月18日 (日) 08:12


NOBLE様 おはようございます。

それにしても、この「グルメブロガー?」が
当サイト随一のコメント量を誇る漫画記事になるとは
思ってもいませんでしたよ、制作者として(笑)。

様々なブロガーさんの記事を読んでいると、たしかに
「どーして、そんな批判的な記事しか書かないのかなぁー?」
と思うことが多々あります。
写真は良いのに、記事がちょっとなぁ…。
「これじゃぁ営業妨害じゃないか」と私の立場で読んでも、
そう思うことがよくあるんですよ。

ですから店側人間様の気持ちも、
仰りたいこともよく分かるんですよね。
このコメント欄が、多少なりともお店の方と、ブロガーの
意見交換の場となったことは喜ばしく思っています。

投稿: ヒロキエ | 2006年6月18日 (日) 10:28





スポンサーサイト
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。