FC2ブログ
プロフィール

 ヒロキエ

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

築地 中栄

築地 中栄

2018年10月、豊洲へ移転しました



nakaei1.jpg

多くの人から愛され続けるカレー店「中栄」

4回にわたって描くつもりですが、
まだ4回分のネタがたまっておりません(笑)
昨日の朝も「中栄」へ食べに行って
ブログネタ探しに、キョロキョロしてまいりました
漫画のネタを考えるのも
やっぱり現地へ行くのが一番なんです


nakaei2.jpg


私が築地「中栄」を初めて知ったのは
昭和55年(1980年)の夏ごろでした
もう26年も昔になるんですねぇ!

当時「主婦と生活社」から
「アングル」という雑誌が出ていました
この「アングル」がときどき
「東京いい店安い店」という別冊版を発行していて
私はこの本で「中栄」を初めて知ったのです

この本に載っている26年前の
メニューを紹介すると

印度カレー (300円)
カツカレー (450円)
チキンカレー (500円)
ビーフカレー (400円)
カレー弁当 (350円)

そして冬場には、なんと!
カキカレー (800円)!!

う~ん、カキカレー食べてみたかったなぁ
私これ食べてないんです

当時の「千切りキャベツ」は、
「キャベツ多めね」と注文するだけで、
カレーの上にてんこ盛りにしてくれました

このラインナップを見ると、
今や看板メニューの「合いがけ」も
「ハヤシライス」も当時は無かったんですね!

「合いがけ」はメニューには載っていませんでしたが
実は「印度&ビーフ」の名称で
常連客だけの隠れメニューだったようです



nakaei3.jpg


これ実話なんですよ
漫画の脚色は、みそ汁を吹き出すところだけ

それもこの6月に入って
訪問したときのエピソードですから
もうホントに最近のお話です

ここまでお客さんの一人一人に
気を配っている店主さんは
なかなか見当たらないものです

「中栄」を初めて知った26年前当時と
大きく変わった点を挙げるとするならば

まず1点目は「メニューの内容」

そして2点目としては「店主の存在感」が挙げられます

ここの四代目、円地店主の見事な接客ぶりを
いち早くチェックしていた
tsukijigoさんの記事はこちらです




nakaei4.jpg


カレーと味噌汁って
絶妙な取り合わせですよねー
昔っから大好きです

味噌汁の中にキャベツを具として
入れることはありますよね

でも“生の千切りキャベツ”をお椀の中に
ポンと入れて飲むのは珍しいでしょ

試したその感想は…

シャキシャキ感がしっかり残ったままのキャベツの味噌汁

単純にそんなところです

あと、考えられるのは味噌汁の温度を
冷ます効果があるということ

「中栄」の味噌汁は結構アツアツですからね
急いで食事したいときには、千切りキャベツを
投入することによって適温となり、スムーズに食事が進む
という効果が考えられます

マイナス面としては
千切りキャベツの、みずみずしさが
味噌汁を薄めてしまうことですね


さて今回で4回目なので
「中栄」を終えようと思ってましたが
友人から苦情が

「まだ肝心のカレーについて何も触れていないじゃないか!」と

そういえばそうでしたね(笑)

んじゃ次回は5回目の「中栄」最終回、
カレーについて語らせてもらいまひょ




nakaei5.jpg


とまぁ、これが私の感想です

私は「中栄」のカレーに
「ソースがけカレー」の風味を
感じているのでございます

でもこれはあくまでも私見ですので
「あんなこと言ってた奴がいたなぁ」程度に
受け止めておいて下さいね





phonakaei.jpg



印度ハヤシの合いがけ

混み具合から朝8時30分以降に
訪れることをオススメします





2014年1月
tukijinakaeisea.jpg



2012年夏に初登場して以来
好評を博している
「築地魚河岸シーフードカレー」

味のベースはアサリ
ズワイガニの爪が目を引きます


「炙りチャーシューカレー」

「インド」か「ビーフ」
カレーをどちらか選びます

炙りチャーシューは
左側2枚が肩ロース、右側2枚がバラ肉

チャーシューを食べ比べるのが
楽しいカレーでございます







■tsukijigo 2006年6月 6日 (火) 04:23

おほっ☆、いよいよ築地ですね!
「中栄」の看板・・・言われてみれば昭和レトロで
プロの仕事っぽいデザイン。頭にターバンでは
なくてカレー皿を載せてたり。
うー、私もカレー食べたくなってきました(笑)

★tsukijigo様 ヒロキエ

最近あの看板の周辺には、雑誌の記事の切り抜きを
いっぱい貼ったイーゼルとか、土産用の瓶とかが置いてあって、
ちょっと看板自体が目立っていませんね。
たしかに昭和30~40年代風の懐かしいデザインです。
ロゴタイプも。


■tsukijigo 2006年6月10日 (土) 06:01

そうでしたか・・・なんと、四半世紀を超えるお付き合いの
歴史があったのですね。
千切りキャベツ、あだやおろそかに食うべからず!と
あらためて背筋を正された思いです。

★tsukijigo様 ヒロキエ

たしかに「中栄」さんとの付き合いは長いのですが、
途中20年間ほど全く行かなかった時期があります。
みそ汁は昔からありましたが、スープ類はあったかどうか…?
記憶が定かではありません。


■tsukijigo 2006年6月10日 (土) 22:05

リンクありがとうございます♪
店主の気くばり・・・店が満席に近くて忙しい時も
決して殺伐とせず、“元気な笑顔”がいっぱい
なのは、店主の人柄のなせるワザだな~・・・と
いつも感心してます。

★tsukijigo様 ヒロキエ

店主のおかげで一ネタ出来ました(笑)。


■tsukijigo 2006年6月14日 (水) 23:16

そーいや、グルメブログの記事でありながら、
「味」の吟味には触れなくても十分楽しい話に
なってしまう店、ってのも面白いですねぇ。
単に「おいしかった」の一言で済むお店よりも、
ヒロキエ様のように「絵」で表現したくなる店
とか、言葉で説明するときも思わず身振り手振り
で表現したくなるお店・・・そういうのが琴線に
響いてきたお店ほど、あとあとまで思い出に
のこるお店だったりしますね。
ともあれ「中栄」シリーズ、深~く堪能させて
いただきました!、ありがとうございます♪♪♪

★tsukijigo様 ヒロキエ

カレー店の紹介なのに、味に全く触れないカレー記事?
危なくそれになるところでした(笑)
大体、tsukijigoさんとの交流が始まらなかったら
築地は取り上げてなかったと思います。
本来、日本橋・銀座・新橋の店だけを紹介するつもりで始めたので。
tsukijigoさんが楽しんでくれたのなら、ここ数日「中栄」へ
通いつめた甲斐があったというものですよ(^o^)





■NOBLE 2006年6月 9日 (金) 07:37

にやにやしながら、読ませて頂いております!!(嬉)

★NOBLE様 ヒロキエ

私のうろつきエリア内(日本橋、銀座、新橋、築地)には、
ホントに魅力的なカレー屋さんが多いんです。
それに比べてラーメンがちょっと弱いなぁー。
カレーかラーメンかで競ったら、圧倒的にカレーが勝ちます。
カレーだけで53店紹介できますもの。


■NOBLE 2006年6月10日 (土) 18:50

うわー!53店とは素晴らしいですね。
カレーばかり・・・とはいきませんでしょうが、
ちょっぴり期待させて頂きたく存じます!

■NOBLE様 ヒロキエ

「カレー53店」の紹介、楽勝っす!
先日も銀座で、とっても魅力的なカレー屋さんを
発見しちゃいました。
ここもいづれ取り上げますよ。





■USHIZO 2006年6月13日 (火) 00:36

>左でみそ汁 !!Σ(゜Д゜)そうか!
今までその都度スプーンを下ろして飲んでました。
松屋で今度試してみます。それでは、失礼しました。

★USHIZO様 ヒロキエ

いえいえジェントルマンのUSHIZO様は、
そんなことなさってはいけませんって!(笑)
どうしてもやりたければ、くれぐれも店を選んでやって下さいね。
松屋さんならまぁいいのかなぁ…。





■55aiai 2006年6月14日 (水) 16:29

左手でお味噌汁・・・は、なかなか出来そうにありませんが、
普段だったら「ダメ!」って言われそうなことが、
あるお店では常識みたいになってるって楽しいですよね!
先日もインド料理のお店で、初めて手を使って食べてみました。
難しいものです。。。
でも子供みたいにワクワクしちゃいましたよ。
ヒロキエさんの記事いつも楽しみにしています。
これからも楽しませてください。

★55aiai様 ヒロキエ

お忙しいのに私の方にまでコメントしていただいて大変恐縮です。
手を使って食べた…それは京橋の「ダバ・インディア」ですね。
私もあの店で一度だけミールスを注文して手で
食べたことがありますが、たしかに楽しいひとときでした。
でもしばらく食べたら難しくてもどかしくなり、
すぐにスプーンに切り替えちゃいましたが(笑)。
こちらこそ「じぶん日記」毎日欠かさず、楽しみに拝見しております。
あれだけの多くのコメントに、ひとつひとつ誠実に返信される
55aiai様の姿勢には本当に頭が下がります。
私もなるべくコメント少なめの日(笑)を見計らってまた
お邪魔しますので、よろしくお願いいたします。





■abuyasu 2006年6月15日 (木) 22:42

例の「チーム下戸」結成会ですが、
7月下旬開催ではいかがでしょうか?
ただいま、takapuさんと計画中です。
よろしければ、メールいただければ幸いです。
[mixi]お持ちでしたら、そちらでも。
では、よろしくお願いいたします。

★abuyasu様 ヒロキエ

「チーム下戸」の結成式、7月下旬でOKです。
といっても、ホンマもんの下戸はabuyasu様と私の二人だけで、
「酒飲みだよ!全員集合!!」になる様な
気がしてならないのですが…(笑)
すみませんmixi無いので、あとでメールしますね。





■もも 2006年6月15日 (木) 23:59

いつもコソ見して楽しませて頂いている、ももでございます。
この日記みて翌日は地元のカレー屋へまっしぐらでした…
>「中栄」のカレーに「ソースがけカレー」の風味を感じて
これってすごく判ります!!
特に昔味わった給食・近くの定食屋?とか、昭和の時代、
チョイスが無かった今で言うジャンクな料理、、、上手くいえませんが。
はっ、年齢ばれちゃいますね…
それはさておき。。
いつも食に対する寛容な姿勢、、尊敬します~。

★もも様 ヒロキエ

昔の、家庭で作ったカレーとか駅のスタンドのカレーって、
ターメリックしか入ってないのかい?と思うほど
真っ黄色で、味が単調でしたよね。
「中栄」のカレーは、現代に充分通用するカレーで美味しいですけど、
同時に昔のカレーを思い起こさせる風味があるのです。
ソースから酸味を抜いたような風味を感じます。
私まずい美味いには、こう見えても敏感なんですよ(笑)。
少々まずくても気にしないでたいらげちゃいますけど。
食の乏しい時代に育ちましたからねぇ(^^)





■nyaまたはk2002 2006年6月19日 (月) 19:14

よだれかけをしたおじさんキャラがとてもかわいく、
毎日帰宅したら真っ先に見ています。
東京に行ったらぜひこちらのお店に寄って
カレー&キャベツを楽しみたいです


★nyaまたはk2002様 ヒロキエ

猫がお好きなんですね。
私も幼い頃、人間の友達よりも犬や猫の友達が
多かった時期があるんですよ。
犬と同じように、猫ともよく散歩しました。
よだれかけおじさんのキャラを、可愛いと言って
いただけるとは思いませんでした(笑)。
ありがとうございます。



nakaeiyasais.jpg


野菜スープに千切りキャベツ投入






スポンサーサイト



カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示