プロフィール

 ヒロキエ

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京 くじら軒

東京 くじら軒 八重洲店
中央区八重洲2-1 八重洲地下街 オレンジロード

月~金 11:00~22:00
土・日・祝 11:00~21:00
年中無休



tokyokujira1.jpg

1999年頃
月に1回ほどですが
電車に揺られ
ちょっとしたミニトラベル気分で
食べに行ってました

新横浜から市営地下鉄に乗って
センター北で下車
5分ほど歩いて店へ到着
それからの行列がまた凄まじかった

「くじら軒」

現在では都内にも支店が増えて
いつでも食べに行けるような
ラーメン屋さんに変貌を遂げました

でも、やはり
苦労して食べに行った
本店の「くじら軒」が懐かしい

「そこ」に行かなければ食べられない
唯一無二の味でしたからねぇ



tokyokujira2.jpg


すっきりとしたスープは
魚介を中心とした深みのある味です

麺は細めのストレート麺を使用

この麺に関しては
好みがハッキリと分かれる様です
スープがもっとよく絡む
縮れ麺にするべきだという意見が
かなり多いようです

私はもともとカンスイ少なめの
ストレート麺が好きなので
「くじら軒」の麺はお気に入り

具に目を移すと
昔は「支那そば」には「ナルト」
「ラーメン」には「薄くスライスしたゆで玉子」が
のっていました

現在は「支那そば」も「ラーメン」も
すべて「ナルト」に統一されています

八重洲店の店員さんにその理由を尋ねたところ
玉子は傷みやすいのと
形がくずれやすいのとで止めたそうです

「くじら軒」全店すべてが
そのようにしたのかどうかは分かりませんが

「スライスゆで玉子」は見た目も美しいので
八重洲店でお目にかかれないのは
ちょっと残念です




tokyokujira3.jpg

「くじら軒」には「支那竹飯」と人気を二分する
サイドメニュー 「チャーシュー飯」もあります

この二つは単に「支那竹」か「チャーシュー」か
どちらが多く 御飯にのっているかの違いなんですけどね

その他レギュラーで乗っている具は
白髪ネギとキュウリの漬物(Qちゃん?)
全体に甘めのタレがかかります

塩分高めの「ラーメン」も
この人気御飯ものとの組み合わせで食べると
ちょうど良い案配に

ともかく「くじら軒」の支那竹は食感がいいんですヨ!
柔らかいのにコリッとした歯ごたえがたまりません

麺類のみならず、めし物サイドメニューが美味い!!
「くじら軒」の大きな魅力のひとつです


2コマ目
「支那竹飯」の左のラーメンは
「ばら肉そば」です



kujirara.jpg

クリックで大きく表示されます







スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。