プロフィール

 ヒロキエ

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎ノ門 ハングリータイガー

虎ノ門 ハングリータイガー
港区虎ノ門1-11-12

月~金 11:30~14:45 / 17:00~22:15
土 11:30~19:45
定休:日・祝



5hungrytiger.jpg


店は変われど行列は変わらじ

でも

マダムの姿が見えないのは寂しいなぁ…




旧店舗時代の記事です

2011年9月
1hungrytiger1.jpg
1hungrytiger2.jpg



「ジャポネ」「リトル小岩井」
並び称される“ロメスパの雄”

虎ノ門「ハングリータイガー」

遂に“飢えた虎”の穴へ突撃です!



「ダニエル」

卵とニンニクの異色コンビが
パスタ上で楽しい味わいを醸し出す
実に魅力的なオリジナルメニューです

これは病みつきになる味ですねぇ



信じてもらえないかもしれませんが
“大盛り”嫌いの私

店に入って“大盛り”を
注文することは
まず、ありません

かつては“大食い道”を
突き進んだ時期もございましたが
すべてはこのブログのために
仕方なく(笑)食べていたものでした

このときを最後に引退
したはずだったのですが・・・

しまった!

「ハングリータイガー」を
ブログ記事にしていなかった!

と気づいてしまったのです

店に入るとマダムから

「男なんだから、たくさん食べなさいよ!」

と“大盛り”を食べることを
強要される?お店

ここ入って「大」を食べなきゃ男がすたる
・・・のかな?(^^;



2hungrytiger1.jpg
2hungrytiger2.jpg


場所柄、官公庁勤めのお客さんが多い
虎ノ門「ハングリータイガー」

今回は「ペスカトーレ」特集

3コマ目の大きな写真は「大」ですが
あとの写真は全て「小(レギュラー)」です

「ペスカトーレ&バジリコ」
略して「ペスカ・コン・バジ」

コンとはイタリア語の
「con」のことで
「~と共に」の意味だそう

そういえば
「コン・テ・パルティロ」
Con Te Partirò
「君と共に旅立つ」
という名曲がありましたっけね


マダムのお話によると

一番人気は「ダニエル」

二番目が「ペスカコンバジ」

とのこと

でも最近は「ペスカコンバジ」人気の
追い上げが激しいみたいです

たしかにこの2つは
しばらくすると
再び食べたくなるという
とりわけ中毒性の高い
オリジナルメニューですね

間違いなくハンタの2大横綱
と言って良いでしょう


2hung2mori.jpg


中央官庁に勤める方々がハマる
ロメスパの味とは?

未食の方は是非お試しを
(^^)



3hungrytiger1.jpg
3hungrytiger2.jpg
3hungrytiger3.jpg


「ボンゴレ」 … 剥き身あさりとガーリックオイル

「ポモドーロ」 … トマトソース

「アラビアータ」 … 辛いトマトソース

「カプレーゼ」 … 白身魚、トマトソースクリーム和え

「パンナ」 … 仔牛挽肉、マッシュルーム、クリームソース

「ペペロンチーノ」 … にんにくと唐辛子

「サルモーネ」 … サーモンのトマトクリームソース



ちょっと、オイカワさ~ん!
(ここで笑える人は“通”です)

サーモンの入った「サルモーネ」
面白い程に、醤油が合いますね~!




4hungrytiger1.jpg
4hungrytiger2.jpg
4hungrytiger3.jpg


虎ノ門 ハングリータイガー

「ダニエル」や「ペスカコンバジ」
だけではござんせん

ピザも美味いんです!


ピザの種類はこちら
クリックで大きく表示

hungpizza.jpg


以前、店があった場所

2012年4月に
斜め向かいに移転しました


移転した場所




スポンサーサイト
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。