プロフィール

 ヒロキエ

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛎殻町 シェルブール

蛎殻町 シェルブール
中央区日本橋蛎殻町1-38-13

7:00~16:30
(ランチメニューは11:00~
定休:土・日・祝



1Cherbourg1.jpg
1Cherbourg2.jpg
1Cherbourg32.jpg
1Cherbourg4.jpg
1Cherbourg5.jpg


日本橋・蛎殻町「シェルブール」

まずは「ロメスパ」特集~♪
11種類のスパゲティは
どれも魅力があるけれど
特にオリジナリティを強く感じたのは
「クリーム」

スパゲティを一目見て
「長崎ちゃんぽん」を想起したのは
初めてだから(笑)

この方の記事から
「シェルブール」を紹介する動画へ飛ぶと
店名の由来は何か?ナポリタンに使う隠し味が何なのか?
いろいろと判明するぜ



4月5日の記事

2Cherbourg1.jpg
2Cherbourg2.jpg
2Cherbourg3.jpg


続いて「御飯メニュー」特集~♪

「ビーフ焼肉丼」「ビーフカレー」「ハヤシライス」は
人形町「日山」の牛肉を使用しています

「ビーフ焼肉丼」は牛丼マニアにもウケそう

桜の咲く季節は窓際の席から美しい桜を
間近で見ることができるんです
お花見しながらの食事はチョ~おトクな気分!



5月25日の記事

3Cherbourg1.jpg


皇室ご利用
ロイヤルブレンドコーヒーとは

宮内庁御用達
ニコスコーヒー

珈琲がお好きな人に是非

私のオススメは
ホットココアですけどね




昔はスパゲティと言ったら
ナポリタンとミートソースしか
無かった

新宿の喫茶店で
この2種類のスパゲティを
よ~く食べたっけなぁ

そんな喫茶店スパで育った
オイチャンにとっては
最近のパスタの
「アルデンテ」なんてのは
てんで理想的な茹で上がり
とは思えんのよ

そんなオイチャンがオススメする
こちら人形町の「シェルブール」

極太麵ではないけれど
ロメスパ好きを自認する方には是非
食べに行ってもらいたい
喫茶スパなんだなぁ




立ち食い蕎麦店のような
「路傍の麺屋」で出す
蕎麦・うどんなどのことを
「ロメン」と呼び
そのスパゲティ版だから
「ロメスパ」と呼ぶ

しかし

路に面する麵屋さん
という意味で
ロメスパ店を考えると

「ジャポネ」
店と路の境界線が無いという点で
一番それらしいのだが
路は路でも
建物内の通路ということで
「路傍」=「道端」という
感覚とはちょっと違う気がする

「リトル小岩井」だって
ビルの地下だし
「路傍の麺屋」と呼ぶには
何かイメージが違うんだよなぁ


立ち食い蕎麦店を
「ロメン」と呼ぶ
もう一つの要素は
サッと入ってサッと食べる
スピード重視のために
茹で置きの麺を
使用するという点

私はこちらの意味に
重心を置いて
「茹でおきを炒めるスパゲティ」を
「ロメスパ」と呼んでおる

なので喫茶店スパも
ロメスパの範疇に入れて良いじゃろう

だが喫茶店と「ロメスパ店」では
店の営業形態はまったく異質のもの
「ロメスパ店」では喫茶店のようには
くつろげないもんね
スピード重視で食事するわけでもないし


人形町「シェルブール」

ナポリタンやミートソースは
もちろんのこと
全部で11種類もロメスパメニューがある
しかも窓外に街路樹が見えて
いかにもな路傍感がある
盛り付けも多めだ

でもいろいろと考えると
こちらは「ロメスパ店」ではない
やっぱり歴史ある喫茶店
という位置づけになるんだなぁ






スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。