プロフィール

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 川端道喜

京都 川端道喜
京都市左京区下鴨南野々神町2-12

9:30~17:30
定休:水曜



kawabatadouki.jpg


新橋「京味」の
西健一郎 店主から
教えていただいた

「どうきの ちまき」

口の中で広がる
葛(くず)の風味と笹の香りが
何ともいえない安らぎを
与えてくれます

こんなチマキは初めてです!



京都「川端道喜」

室町時代後期
永正(1512)年(500年前!)のころから
禁裏御用(宮内庁御用達)を勤め
最初に笹の葉で巻いた粽(ちまき)を
世に出した菓子職人
川端道喜

道喜の友人には
秀吉の時代に大成した
“茶聖”千利休がおります

利休自刃の翌年に
道喜は没したそうです

歴史の重みをずっしりと
感じる和菓子店ですね!



粽は5本で1束
「完全予約制」ですので
要注意




スポンサーサイト
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。