プロフィール

 ヒロキエ

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪 カルータラ

大阪 カルータラ
大阪市西区江戸堀1-15-9 フラッグス肥後橋 1F

月~金 11:30~14:30/18:00~21:00
土 11:30~21:00/18:00~21:00
定休:日・祝・第3、4土


karutara.jpg


大阪・日帰り遠征の最初の訪問店
肥後橋にあるスリランカカレー「カルータラ」
大阪では大変に評判の良いカレー店

路地に面したビルの奥に店があるので、目印の看板が
路地に出て無ければ、ちょっと見つけるのは難しい
入口は二つあり、どちらも開放されて長い暖簾がかかっている

店に入ると同時に、感じの良い青年が
「いらっしゃいませ、どうぞ」と声をかけてきた
この店は、この青年店主が一人だけで、きりもりしている様子

店内は全体にオレンジ色から茶色がかった配色
壁にはスリランカの国旗や、ワニの人形が飾られている

BGMとして控えめな音量で流れているのは女性歌手の歌声
ボサノバ調の「アマポーラ」が心地よい

あぁ~っ、こんな調子で書いていたら
いつ終わるか分からないので、やーめたっと(笑)

後は漫画の通り


チキンカリーは塩分強め。
レンズ豆のカリーはココナツ風味のマイルドな味わい
店主から「混ぜて食べて下さい」と勧められ、混ぜて食べる
たしかに混ぜれば、程よい味わいのカレーとなる

スパイスの香りは弱い
クミンシードが少しだけ突出して感じる
基本は普通にニンニクと生姜だ
辛さも、ほとんど感じない

だが店主が日本人向けに作ったという
唐辛子と鰹節を混ぜたふりかけ
これと一緒に食べると俄然、美味くなった

「鰹節ってモルジブフイッシュですか?」と聞いたら
店主は「普通の鰹節です」との答え

店主自ら種明かしをしてくれたのだが
このふりかけはもともとスリランカの辛いふりかけ
「カッタサンボル」を日本人向けに改良したものだという

元になったMD社の「カッタサンボル」も
味見させてもらったが
何やらプチプチした感触の種が入っている

これはライムの種だそうで日本人向けの改良とは
これを取り除いただけみたい

カレー自体のインパクトは弱いが、サービスで出してくれる
辛いふりかけと野菜のピクルス
これらをカレーと一緒に食べることで
味の幅が広がって魅力が大幅に増大する

「リトル小岩井」におけるキャベツ以上の
存在感を持つ付け合せだと感心した

キトゥル・ヨーグルトがデザートに付いて650円
ちょっとしたスリランカ風の食体験が出来て
この安さは貴重だ

大阪へ再訪した際には、また訪れてみたい





スポンサーサイト
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。