プロフィール

 ヒロキエ

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四谷 嘉 賓

四谷 嘉賓
新宿区四谷1-7 第3鹿倉ビル2F

11:00〜14:15/17:00〜22:00
年中無休



1kahin1.jpg
1kahin2.jpg
1kahin32.jpg



四谷「嘉賓(かひん)」

作家の開高健が
よく通っていた中華店です

名物はズバリ!
「カキソース和えソバ」

具はネギと生姜しか入っていません
実にシンプルな麺料理です

中国・広州では
家庭夜食の定番なんだとか

私はこれを食べると
幼い頃に「袋入りの日清焼そば」を
初めて食べたときの感動(?)が
甦ります

いまの世代ならば
「日清焼そばUFO」
なんでしょうけれど


麺を口に入れたときの
あの“モフッ”とした感じには
何ともいえない魅力がありますよね

それを分かってくれる方にだけ
オススメいたします(笑)




2yutsuyakahin1.jpg
2yutsuyakahin2.jpg


店員さんから

「コレ ソンナニ カラクナイヨ ウヘヘヘ」

と、勧められた「海鮮タン麵」が
ちょっと個性的な辛さなので
印象に残りました



3kahin1.jpg
3kahin2.jpg
3kahin3.jpg



子どものころ
カレーライスは大好きでしたが
それ以外は御飯の上に何かを
乗せて食べるのが、あまり
好きではありませんでした

うな丼、カツ丼、天丼、親子丼
ハヤシライスなど
どれも敬遠していました

甘い味付けのものを
御飯の上に乗せるのが
とても嫌だったんです

辛党のガキでしたからね
(だから痔主に…って話じゃなくて)

もちろん今では大人になって
何でも美味しく
食べられるようになったのですが
子どものころ、常に疑問に思っていたのは

中華料理は御飯にとても合うのに
何故、御飯に乗せて出すのは
中華丼しか無いんだろう?

カレーライスみたいに
ライスの上にいろいろな
中華料理を乗せて出せば
きっと美味くて人気が出るのに

などと考えていました

ところが私が成人した頃だったか
ちらほらと麻婆丼が登場するように
なってきたんですヨ!

そ~ら、オレが子どものころに
考えていたことが、やっと
実現してきたぞ
これからはもっと
いろんな中華ライスが
世に出てくるであろう!

と得意になってましたが
その後は、あまりメジャーになるような
中華ライスは登場せず(笑)

でもここ、四谷「嘉賓」の
ランチメニュー1番は
そんな私の子どもの頃の
思いを実現してくれている
実に嬉しい週替わりの
中華ライスなんです

私は昼に「嘉賓」に来たら
カキソース和えソバ
この中華ライスかの
必ずどちらかを注文することは
間違いありません

今週はどんな中華ライス(かけ御飯)が
でるのか?

毎回、店前のメニューを確認するのが
もの凄く楽しみなんです




kehinmenu.jpg

このメニューを見てお分かりの通り
週替わりで内容が変わるのは
1番と8番(A定食・B定食)です

あと夏場は、13番が
「冷やし中華」になります




4kahin1.jpg
4kahin2.jpg
4kahin3.jpg
4kahin4.jpg



四谷「嘉賓」

主にディナーで食べた一品料理

珍しいものを好む私としては
“海老が入った麻婆豆腐”
これがイチオシです!





スポンサーサイト
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。