プロフィール

 ヒロキエ

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松江 和らく

日本料理 松江 和らく
島根県松江市御手船場町565

11:30~14:30/17:30~22:00
年中無休


「和らく」のHP


matuewaraku1.jpg
matuewaraku2new.jpg
matuewaraku3.jpg



宍道湖畔の「しじみ茶屋」から
約3kmの道のりを、てくてくと歩いて
松江の「和らく」へ

“宍道湖七珍”を手軽に食える
というこの店を
ネットで発見して喜んだのですが
「るるぶ」や「まっぷる」に
しっかりと載っている店だったんですね
後から気がつきました
(^^;


宍道湖(しんじこ)は
海水と淡水が混ざる汽水湖

この宍道湖で獲れる7種類の
代表的な魚介類を
“宍道湖七珍”といいます

すずき、もろげえび、うなぎ、
あまさぎ、しらうお、こい、しじみ

それぞれの頭一文字を取って
“すもうあしこし”と
覚えるんだそうです


この“宍道湖七珍”が
一堂に会して
せいろはんとして登場する

何とも楽しいメニューじゃ
ござんせんか
私、こういうの大好きです


ただ、食べ方を紹介しておいて
こんなことを書くのも何ですが
「すべてをよく混ぜて食べる」のは
オススメできません

シジミの時雨煮と
アマサギ(ワカサギ)の甘露煮の
味付けが他のものよりも強いので
全部を混ぜてしまうと
単なる温かい“佃煮御飯”の味に
なってしまうからです

なので茶碗にそのままよそって
食べるが宜しいでしょう


「しじみ沢煮汁」は
野菜が多く入っているせいか
ちょっと甘過ぎると思います

やっぱり「しじみ味噌汁」の方がイイなぁ


最初に出て来る「季節の九角」
「茶碗蒸し」(蓋を取っての写真撮り忘れ)
「しじみ沢煮汁」
そして「宍道湖七珍せいろ飯」

こんな豪華で1,980円

せいろ飯だけで、お茶碗5杯分くらいの
メシの量があるので
結構~腹が膨れて量も凄い

私みたいに食べ物のハシゴをする
身には、ちょっと困ります

「季節の九角」や「茶碗蒸し」は
別にいらないかな・・・
な~んて思ったりして
まぁでも、勿体ないので全部きれいに
食べましたけど(笑)


このお店は観光客にピッタリ的な
感じの店と思ってましたが
ランチタイムに次から次へと
地元のご年配の方が入ってくるのを見て
ああ、地元の人たちに愛されている
地元密着型の店でもあるんだなと
認識を改めました


夏は白イカ
冬は松葉ガニ

他のメニューの詳しいことは
冒頭にリンクした
店のHPからどうぞ







スポンサーサイト
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。