プロフィール

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日ノ出町 太田なわのれん

横浜・末吉町 太田なわのれん
神奈川県横浜市中区末吉町1-15

17:00~22:00
土・日・祝 12:00~15:00/17:00~21:00
定休:月曜・第3日曜、年末年始・盆


太田なわのれんのHP



ootanawanoren1.jpg
ootanawanoren2.jpg
ootanawanoren3.jpg


羽二重餅(はぶたえもち)は
福井県の和菓子



ootanawanoren4.jpg
ootanawanoren5.jpg
ootanawanoren6.jpg
ootanawanoren7.jpg


梅干しの種の中にある「仁」は
昔、「天神」とか「観音」とかって
呼んでましたっけ



「太田なわのれん」
創業 明治元(1868)年

この店ならではの看板料理は
味噌で食わせる「ぶつ切り牛鍋」

割下で味付けて薄切りの牛肉で食べる
現在の「すき焼き」との対比を
考えてみると面白いかもしれません

肉を食べ終えた後に〆として
残った溶き卵を御飯にかけて食べる
この点は共通していますが

残った調味料で御飯が進む
という点では「ぶつ切り牛鍋」に
軍配が上がります

なにせ鍋に残った味噌が
美味いですからね!

この味噌のお蔭で
お替りに持ってきてもらった
お櫃の中いっぱいの御飯を
男2人できれ~いに
たいらげてしまいました

ちなみに御飯は食べ放題です

牛肉に関しては・・・
次回「特上」という肉を
注文してみます

それを食べてみないと何とも・・・
(^^)



「縄のれん」は
金網ができる以前の昔に
ハエが店に入らないようにする
唯一の方法でした

現在においても
衛生を常に心掛ける
との姿勢を堅持する証として
この「縄のれん」という
名前を残しています

ってなこと等が
冒頭にリンクしたHPに
書いてあるので
店の歴史に興味のある人は是非
読んでみてください





スポンサーサイト
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。