プロフィール

 ヒロキエ

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白金 福わうち

白金 福わうち
港区白金1-28-2 サーラ白金 1F

月~金 17:30~深夜2:00
土 17:30~24:00
定休:日曜



1fukuwauchi.jpg
1fukuwa2.jpg


白金高輪「福わうち」

「肉じゃがカレー」
御飯がどんどん進んでしまう逸品です



2fukuwauchi.jpg

「社長納豆」

菊の花まで入って
何とも豪華で美しい納豆

味的にも、納豆と海鮮って
実に良く合う取り合わせですね!

納豆食って納得です(笑)



2fukuwa2.jpg


関鯖で有名な、大分・佐賀ノ関出身の三宮店主
「ゴマ鯖」は三宮店主のソウルフードだそうです

「サバにはロマンがある」

「こんなに情熱をかけてサバをしめる人はいないよ」

などと仰っています
サバには一際思い入れが強いんでしょうね




4fukuwa.jpg


海ぶどうは夏が旬
接写すると、とても綺麗!



4fukuwa2.jpg


参考
シャコ足の爪肉について



5fukuwa.jpg


こんなに分厚い生のフグを
食べる機会は滅多に無いやね

食べてみると、たしかに
「何だ?このヤロー!」って感じ?



5fukuwa2.jpg
5fukuwa3.jpg


アラ(クエ)鍋も美味でした。

以前、コメント欄で
私がふざけて書いた「このヤロー!汁」という名前を
三宮店主が、えらく気にいってしまったみたいで…

他にも「このヤロー!メニュー」が
いっぱいあるみたいです(^^;
ちょっと責任感じてます(笑)




6fukuwa.jpg


南の有明で獲れるマジャク(アナジャコ)って
北の名産、ホヤと似た味がします
実に面白い現象です

三宮店主、珍しいものを食わせてくれて
本当にありがとうございました!
マジャク、感動しました


いずへいさんの記事

くにさんの記事



6fukuwa2.jpg


オマケ

スッポンの頭蓋骨です
心臓の弱い人はポチしないでね


suppongaiko.jpg



fukutorokatsu.jpg


付け合せの
ポテトサラダも美味いです!



fuwafurai.jpg


似顔絵が可愛くなった(?)三宮店主

8fukuwa1.jpg


アシアカエビは
クルマエビよりも安いのに
味はけして劣らない
美味さ充分の海老でございます


8fukuwa2.jpg
10fukuwa2.jpg


蟹さん海老さん、食べ比べ


10fukuwa3.jpg
1fukuwauchi3.jpg


カレーの引き出しも
広いのです



9fukuwauchi1.jpg
9fukuwauchi2.jpg


焼魚や漬物を出されて

「あ~これ、御飯と一緒に
食べたいなぁ~~」

と思ったことって
ありませんか?

私はお酒をあまり飲まないから
なのかもしれませんけど

“メシは〆”

というしきたりが
好きじゃござんせん

「福わうち」は
はじめから御飯を注文して
メインの料理と一緒に
食べ進めることができるので
非常にありがたいのです




9fukuwauchino3.jpg
9fukuwauchi4.jpg


味噌汁の種類も豊富です



10fukuwauchi1.jpg




★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★


2007年 夏の新メニュー
3fukuwa.jpg


先週、白金「福わうち」へ行ったところ突然
三宮店主が私の目の前に
小さな椀を差し出してきました

蓋を開けてみると
色鮮やかな「赤」が基調の冷たい吸い物?

「これウチの新開発メニューなんです。
ヒロキエさんに試食第1号になってもらいます。
これの名前を付けて下さいよ」

とのこと

おお、そりゃ面白そうだなぁ
早速、一口啜ってみると…

「ん、これは冷たいトマトジュースだ!
しかも御飯にかけてある。
珍しい食いもんだね、こりゃ。

中に入っているキムチの辛味と酸味が
トマトの風味をまた一段と際立たせておる
ミョウガとカイワレも爽やかな
アクセントとして効いているね

これは食べる人を選ぶ料理かもしれないけど
とても美味しいよ、これ!
冷たくて夏向きの料理だね」


とまぁ、こんな感想を持ったのですが
どうにもイイ名前が浮かんできません

だがその替わり
名案が浮かびました!

「ああ、そうだ!
私が名前を付けるよりも
ブログを観て下さっている皆様に
この新メニューの名付け親に
なってもらえばイイんだ!!」


この案をすぐさま三宮店主に話したところ
快くOKと相成りました

応募資格は
『この新メニュー食べることができる人』

トマトジュースがダメな人は
応募資格ありません(笑)

大丈夫な方は
ふるってご応募下さい

カッコエエ名前を、よろしく!
コメント欄でお待ちしておりま~す





■takapu 2007年8月22日 (水) 00:28

はい!ストレートに「赤汁ごはんっ!!」
たぶん、この人柱でコメントを入れやすくなるのではと…

★takapu様 ヒロキエ

だから「カッコイイ名前を頼む」と・・・
はっ!今、浮かんだぞっ!!
「アッカン米(ベイ)ー」という名はどうだ?




■romy 2007年8月22日 (水) 00:40

トマトの甘酸っぱさとキムチの刺激、
カイワレのほろ苦さと
ミョウガのひとクセある大人の味わい・・・
これは、命名 「ひと夏の恋」ですね!
トマトジュースに溺れないように注意ね☆・・・
みたいな(笑)。
思わずオーダーしたくなるようなメニューだと
思いますがどうでしょうか??
すみません、飲んで帰ってきてちょっと酔っぱらってるんで。。。

★romy様 ヒロキエ

さすが「新橋の吟遊詩人」romyさんだ。
「ひと夏の恋」、イイねぇ~。
夏の歌謡曲みたいな名前って合うのかもね。
「夏の扉」「ひと夏の経験」とか…、
あ、あんまり私が書いてもアカンな。
ま、ヒントとして書いておこう。




■イチ 2007年8月22日 (水) 01:12

昔、夏バテになったときに
我が家ではご飯にトマトジュースを掛けて食べていたことがあり、
あまりの懐かしさに思わずコメントさせていただきました。
「夏掛けご飯」
なんて名前は如何でしょうか?
家ではキュウリの古漬けと共に食べていました。
昔を思い出します…

★イチ様 はじめまして ヒロキエ

「トマトジュースかけ御飯」をすでに自宅でやっていたと!?
一体どこからその斬新なアイデアが?
余程、トマトジュースが好きでなければ出来ない仕業ですわね。
キュウリの古漬けとともに「夏掛け御飯」。
イイですね~、まさに「トマト冷汁」ですね~。




■沙樹 2007年8月22日 (水) 01:19

先週僕もお邪魔しましたよ
肉じゃがカレーのみ食べて帰りましたが 笑
今頃三宮さんは・・・って事で、
「冷製韓流汁」ちょい違うか 汗

★沙樹さま ヒロキエ

「冷性韓流汁」。
なるほどキムチが入ってますもんね。
そういえばキムチにはトマトジュースを
入れてあるものもあるとか。




■takapu 2007年8月22日 (水) 01:26

かっこいいやつですか…
じゃぁ、「お赤飯」
漢字率が上昇しただけという気も…

★takapu様 ヒロキエ

はっ!今浮かんだぞっ!!
「赤ズの扉」というのはどうだ?




■USHIZO 2007年8月22日 (水) 01:38

これは面白い企画ですね!
ブロガーの皆様のセンスが問われますね。
romyさん、さすがのセンスです。すばらしい。
うーん、どういう名前が良いですかねぇ。
「ガラスのお椀」でどうでしょうか。
「ガラス」とは「ガスパッチョみたいなのを
かけたライス」の略でございます。
…センスねぇ…・゚・(ノД`)ノ・゚・。
それでは、失礼しました。

★USHIZO様 ヒロキエ

ガスパッチョの「ガ」と
ライスの「ラ」と「ス」ね。
オニイチャン~イイセン、イッテルネェ~!
赤々と「燃える闘魂汁」。
「ファイト汁」、「このヤロー汁」、「反則汁」。
う~んどして、こんなのしか出てこないんだろ(--;)




■ワコメ 2007年8月22日 (水) 07:41

これは難しいですね。トマトジュースの冷や汁ですか。
涼しげですよね。トマトジュースといったらドラキュラ?
「ドラキュラ伯爵のご馳走碗」。。
全然かっこよくないですね。。
「rouge symphonie」とか。。ムズカシイ。。
赤いお碗に入った赤いトマトジュースをみたら
スペインの「ドンキ・ホーテ」を想像してしまいました。

★ワコメ様 ヒロキエ

なるほど「吸血鬼!」「吸血汁」か、イイねぇ。
ニンニクの粒を放り込んで「ドラキュラ固め」とか。
「熱き血潮」ならぬ「冷たき血潮」とかどうだろう?




■つきじろう 2007年8月22日 (水) 07:42

どうしてカウンターのうえに万博公園の
「太陽の塔」が建っているのかと思ったら、
お店のご主人でしたか(失礼)
太陽といえば・・・このお椀も、
夏の夕暮れに燃え立つ夕陽を思わせる赤さですね~。
そこにミョウガとカイワレが、一服の涼を感じさせます。
さて、どんな名前がつくんでしょうか・・・☆

★つきじろう様 ヒロキエ

分かりました「太陽の顔」ね。
あと「夕陽が泣いている」もイイね。
私の場合は「お尻が泣いている」…
あ、そりゃどうでもイイか。




■マイコー 2007年8月22日 (水) 09:37

トマトは赤茄子とも言うことから、
「冷製赤茄子ご飯」または「赤茄子ご飯冷汁仕立て」
というのはいかがでしょう?

★マイコー様 ヒロキエ

トマトはナス科だもんね。
「ナス科の遺跡」とか。
「トマトっ子ごはん!」
うん?どこかで聞いたような…。




■あな 2007年8月22日 (水) 10:41

かっこいいやつでしょ?
「社長椀」でキマリだなっ☆
ほんで「社長納豆」とセットで食べて、
社長シリーズにするのぉ。
別々に食べても、まぜて食べてもOKでしょ?(笑)

★あな様 ヒロキエ

「社長椀」?これが社長の食い物かい!
って感じだわね(^^;)
「赤き血のイレブン」ならぬ
「赤き血の親分」とかどうだい?




■モモ 2007年8月22日 (水) 11:29

三宮さんは私の会社の経営するお店でアドバイスを
してくださったのです~^^
私も自分の作成したレシピを提出する時に、
ネーミングでいつも悩みます。
トマトの品種を名前につけるのはいかがでしょうか?
チェリートマトの夏ごはんなど。
または栽培地をつけるのもありますよね~

★モモ様 ヒロキエ

お~三宮店主とお会いしたことあるんですね。
TV、雑誌にもよく顔が出ますよね。
そうかぁ、自分の作成したレシピに
名前を付けるのは悩みそうだね。
まだ他人事だから楽しんでいられるんだけど(^^;)
「夏ごはん」という響きはイイね。
あ、そういえばこれ、冬場も出すんだろうか??




■早坂 2007年8月22日 (水) 11:47

「太陽の塔」ですか、私はてっきり「せごどん」
(西郷さんの薩摩言葉)かと・・・。
涼一品「冷しおじや」単純。
しかも別バージョンの「冷しおじや」も出せる。

★早坂さん ヒロキエ

「冷しおじや」?何だよ、
早坂さんにしては随分とマトモではないか。
体の具合でも悪いんか?(笑)
トマト汁の椀で「トマワン」とかカタカナ名もエエかも。




■くに 2007年8月22日 (水) 11:55

三宮さん超似てますね。
「冷製 赤汁」とかどうでしょ。
でも福わうちですからね~。
「トマキムチ」「夜更けの赤い冷や汁」あたりで。

★くに様 ヒロキエ

そうか、キムチを名前に入れてもイイのかも。
「キムトマ」「キムトト」「冷やキム赤汁」。




■のむのむ 2007年8月22日 (水) 12:40

写真を見て頭に浮かんだのは「赤い誘惑」ですが、
某ドラマシリーズのタイトルみたいですねぇ…。
「赤い疑惑」はとくによく見てました。
今、テーマ曲が頭をぐるぐるしています。

★のむのむ様 ヒロキエ

あなたがいる 私がいる 答えは愛だけぇ~ ♪
実は私も真っ先に浮かんだのが
「赤い衝撃」だったのです。
赤いトマトジュースがかかった御飯を見て、
本当に衝撃受けましたからねぇ。




■たかはし 2007年8月22日 (水) 13:44

二つ思い浮かんだので。
@「冷やしトマト汁」
そのまんまですね(^^;
@「おめざのトマト」
朝でなくても、食べたら頭がスキッとすると言う事で。
暑いこんな日に食べたい料理ですね。

★たかはし様 ヒロキエ

そうそう暑い日にこそ、
その真価を発揮するチベタイ汁かけ御飯なのよ。
たしかに素直なネーミングが一番かもね。
あんまし変な名前付けると、誰も注文しなくなるわねぇ。




■F氏 2007年8月22日 (水) 14:20

『日本人ならお茶漬けやろ』という某サッカー選手の
CMもありましたので、『赤茶漬け』!
もしくは赤、白、緑がイタリアの国旗をあらわしているので
『イタ飯』などいかがでしょうか???
スッキリしてて美味しそう!

★F氏さま ヒロキエ

うむっ「赤ちゃん」ってのもエエぞ(エエのか?)
たしかにこれ、お椀に入ってなかったら、イタリアンとかの
リゾットみたいに見えるかもしれんのう。




■ロレンス 2007年8月22日 (水) 14:47

カクテルチックに、「ブラッディー・メシー」とか、
韓国と日本の双方にかかっているから、「赤い日本海」
でも、南米・メキシコ・アメリカにもかかっているから、
仲間に入れると「赤い環太平洋機構」になっちゃうな(笑)

★ロレンス様 ヒロキエ

「ブラッディー・メシー」は、かなりオモロイぞ!
なるほど、もっとグローバルな視点に立って考えると…。
「赤い厳戒灘:げんかいなだ」とか
「アメリゴ・ヴェスプッチトマト」とかかっ!?




■汐留の元司法 2007年8月22日 (水) 15:18

強い印象を受けた赤に素直にこだわってみました。
「赤の出会い」、「冷製赤の出会い」
「赤の涼」、「冷製赤のしめ」、「しめの赤」、
夏といえば“おばけ”!
トマトとキムチとご飯が
トマトジュースで化けたということで、
「冷製赤のおばけ(汁)」、
なーんて、思いつくままですいません。
でもトマトジュースの冷や汁なんておもしろいですね。

★汐留の元司法さま ヒロキエ

赤との出会いですね?
となるとやっぱり「こんにちは赤ちゃん」
「アカとの遭遇」「泣いたら赤ん」。
赤とお化けですか?
「赤化け汁」なんてのどう?




■あな 2007年8月22日 (水) 15:37

今みんなのコメント読んでて
もう一案浮かんだ!
お多幸の「とうめし」ってあるでしょ?
あれと同じイメージでシンプルに
「あかめし」ってどぉ?
福わうちの看板メニュー間違いなし!(笑)

★あな様 ヒロキエ

「赤城の山も 今宵限り」ってのはダメか?
「好色一代女」はどうだ?(何でやねん)
そうだ「花魁(おいらん)道中」!これだろ?




■まさぴょん 2007年8月22日 (水) 18:19

みなさん、発想豊かで愉しいですね。
ボクはシンプルに、「冷製ポモめし」。
ホモじゃないですよ、ポモですよ。
ま、トマトをポモドーロと読み代えて、
縮めただけなんですけど(ポリポリ)。

★まさぴょん様 ヒロキエ

なるほど、トマトのイタリア語、
ポモドーロから攻めたかっ!
「ポモめし」イイかも~、ちょっと言いにくいけど。
「ポモちゃん」とかも可愛いな。




■55aiai 2007年8月22日 (水) 20:59

へーぇぇ。さっぱりしそうなご飯ですね。夏らしいわ。
最近トマトがほーんとに色々使われていますよねー。
トマトって何にでも合うんですね~。
福わうちの赤いごはんだから「赤福」なんでどうでしょう。

★55aiai様 ヒロキエ

「赤福」!なんか土産no.1って感じだね。
「福わうち」の「福」を使うわけね。
「福汁」とかも候補に挙げときまひょ。




■paesold78 2007年8月22日 (水) 21:16

参考になるのでちょくちょく見させていただいております。
本題ですが、思いついたメニュー名、「夏一番」。
えーと、夏に一番食べたくなるメニューってことで (^^;;;

★paesold78様 はじめまして ヒロキエ

「夏一番」。うん、これなら注文し易いでしょうね。
やっぱしオーソドックスに行くのが一番安心感与えますな。




■samurai 2007年8月22日 (水) 22:06

色々考えたのですが、
『冷製 夏汁』でいかがでしょうか。
ま、かっこいいかと言われればアレなんですがww、
端的に表すならこういう方が分かりやすいかなーと。

★samurai様 ヒロキエ

「霊性 夏汁」。
あ、ちょっと怖かった?
「夏バテ汁」。
バテちゃダメだわなぁ。




■10R 2007年8月22日 (水) 22:08

「和」のイメージを大切にしたく、
「冷赤(ひやあか)」
「冷赤椀(ひやあかわん)」
といった感じはいかがですか?

★10R様 はじめまして ヒロキエ

「和」のイメージを大切にするのは大事ですね。
「冷赤」「冷赤椀」、イイですね。
「冷汁」ではなく「冷汗(ひやあせ)」ってのは?




■shizuku 2007年8月22日 (水) 23:05

えーと、えーと。。。
出遅れたが為に、出尽くした感がありますが、
シンプルに「涼飯」または
「涼ご飯」で いかがでしょう?

★shizuku様 ヒロキエ

「涼飯」はたしかに涼しげでイメージが合うね。
「涼汁」も候補に挙げときまひょう。




■GIRUSAMA 2007年8月22日 (水) 23:32

「crimson」(真紅の)という英単語を使って、
「クリムゾン・リバー」「キング・クリムゾン」、
そしてキムチ=韓国=漢江から、
「クリムゾン・ハンガン(漢江)」
というのはいかがでしょ?

★GIRUSAMA ヒロキエ

「キング・クリムゾン」と言えば
「21世紀の精神異常者」「太陽と戦慄」。
「クリムゾン・スープ」。
ちょっと温かそうかな。




■裕子ママ 2007年8月23日 (木) 11:25

ヒロキエさんの名前を取って
『ヒロキエ』+『トマト椀』
略してぇ~『ヒロトマ』
ってのはどうでしょう?
名前を入れちゃうのがポイント☆

★裕子ママさま ヒロキエ

三宮店主の名を入れて、
「トマ三う宮~(とまさんうみゃ~)」とか?




■lara 2007年8月24日 (金) 00:44

ヒロキエ様。ファンです。かなり、長い間ファンです。
今度こそ、書き込めますように。
この美味しそうなゴハンの名前は。。。
『リゾパッチョ』!! どうだっ!
説明ぽくてくどいけど薫りがしてきそうな
『冷製リゾパッチョ(茗荷のせ)』とか??
でも、遠い遠い田舎に住んでいるので、食べに行けません。
資格無しという事で、無視しといてください。
これからもヨロシクお願いいたします。
ヒロキエ様の『反則汁』や『赤い血潮汁』などには
ハッキリ負けています。反則て。。ピピー!イイですね~☆
ヒロキエ様、意外と(ごめんなさい)体育会系ですか??
食いバトルもなんとなくフェアな
スポーツマンシップが漂ってるし。
いつか参加させていただく事を夢見ています。
東京長期出張が来年春に計画されていたのですが
他の部署が行く事になって残念ながら見送り。
『食い道辞典』を作って食べ歩きを計画していたのです。
早く行きたい~!当分は今までのように(勝手に)
ヒロキエ様ブログを心の支えにさせていただきます。

★lara様 はじめまして ヒロキエ

「リゾット」&「ガスパッチョ」で
「リゾパッチョ」ですね。
楽しい響きですね~。
東京から離れたところにお住まいですか?
東京に遊びに来たときには是非「福わうち」へ。
体育会系ではありませんが、昔、
プロレス系ではありました(^^)




応募して下さった皆様へ
ご協力誠にありがとうございました!

このコメント欄をプリントアウトして
「福わうち」へ持参して
三宮店主に見てもらいました
その結果は!


3fukuwa2.jpg


「福わうち」三宮店主
大変に喜んで下さいました

「あれもイイな、これもイイな」と悩みながら
時間をかけて、じっくり選考
その結果、見事に新メニューの名前として抜擢されたのは

「赤い涼飯:あかい すずめし」

この名前、「涼飯」を発案して下さった、shizuku様。
誠におめでとうございます!!!

という訳で「福わうち」へラチ
いたしました(笑)

名付け親のshizukuさんは
初対面の人と思いきや
今までに何度か顔を合わせている知人でした!
いやぁ~驚きましたよぉ~

もしも今回の企画でshizukuさんが当選しなかったら…

おそらく彼女の正体は、ずーっと
私には分からない謎のままだったことでしょう

何かがきっかけとなって物事が発生して
そこからまた更に予期せぬ展開が訪れる
面白いもんですねぇ
ブロガー人生って(人生つけちゃうのか?)


「赤い涼飯」は夏季限定メニュー
召し上がるなら今のうちですよ!





■55aiai 2007年9月 1日 (土) 00:59

名前決まったのですね!!!
おめでとうございます~、shizukuさま!!
いつも感性鋭いshizukuさまですからね♪

★55aiai様 ヒロキエ

shizukuさんは、55aiaiさんのコメント欄でよく
お見かけするteardrop_sさんと同一人物なんだよね。




■shizuku 2007年9月 1日 (土) 01:17

びっくりです~!!!!
深い考えで 提案したわけではないので
「いいのかしら~?こんなんで」と言う気持ちですが、
単純なのが受け容れて頂けた理由なのでしょうか。^^

★shizuku様 ヒロキエ

三宮店主は「涼」という字に
惹かれたみたいです。
今回は特別に「赤い涼飯」に
「すずなりの海ぶどう」を
ぶっ込んでいただきました




■福わうち店主 三宮です 2007年9月 1日 (土) 02:01

皆さま宜しくお願いします。
ヒロキエ様に厚く御礼申し上げます。
この様に盛り上げてくださり大変痛み入ります・・・。
55aiaiさまにもこの場をお借りしていつもありがとうございます。
また今回ネーミング頂いたshizuku様とお会いできる日。
楽しみです。ヒロキエ様に似顔絵書いてもらって
光栄ですが多分もう少しは面白い顔だと思います。
またお願いすることもあるかもしれませんが
その時は宜しくお願いいたします。

★福わうち店主 三宮さま

55aiaiさんは昔っからのお客さんですね。
私は昨年に初めて伺いました。
あれからまだ1年経っていないですね。
「涼飯」に「赤い」と付けてメニュー名が決定したのは、
私が食事を始めてから1時間以上経ってから。
皆様から応募があった名をじっくりと検討してくれました。
意外と三宮店主が気にいってたのが「コノヤロー汁」(笑)
それに決まらなくてホッとしましたよ(^^)
また近い内にお邪魔しますので、よろしくお願いいたします。
 



■沙樹 2007年9月 1日 (土) 06:58

名前決まったんですねぇ~
すずめしとオーダーしますねっ♪

★沙樹さま

三宮店主、沙樹さまのコメント読んで
「どんな方だろう?」と気にしてましたよ。
沙樹さんは常連ですものね。
次回、行ったときには是非、正体明かしを!




■くに 2007年9月 1日 (土) 14:33

「コノヤロー汁」で注文しても出てくるでしょうか?(笑)
赤い色つながりでかなりイケてますよね。
「赤い涼飯」いい名前ですね。
「すずめし」の方が涼しげで夏にはピッタリかも。

★くに様 ヒロキエ

「りょうはん」でも「すずめし」でも、
「コノヤロー」でも、注文すれば出してくれると思うよ。
今回はナメタケとピーマンの微塵切りが入っています。
氷も入っていて、いかにも真夏の食べ物って感じだよ。




■romy 2007年9月 2日 (日) 01:00

「赤い涼飯」、涼しげな素敵な名前ですね♪
過ぎ行く夏が惜しまれますね☆

★romy様 ヒロキエ

今年の夏は「頼むから、早く過ぎ去ってくれ~!!」
と叫びたい位に暑かったよねぇ~(笑)




■Gingerです 2007年9月 2日 (日) 03:48

お願いがあったのですが、メアド判らないので
迷惑かもですが、kisakoさまに転送お願いしました
是非ともお願い見てやってくださいませ
差し支えなければヒロキエさまのメアド頂ければ
私より改めて再送します

★Ginger様 ヒロキエ

kisakoさんからメールを転送していただきました。
驚きの企画ですね!
私は参加できそうですけど、私からも何人か
声をかけてみましょう。




■早坂 2007年9月 2日 (日) 09:24

「赤い涼飯」決定ですね♪「すずめし」の方が
「鈴虫」みたいで秋イッパイ出せそ~(^O^)

★早坂さま ヒロキエ

夏は「赤いすずめし」。
秋は「赤いすずむし」。
冬は「赤いこがらし」。
春は「赤いかめむし」。
名前変えて通年で出せるメニューなのね。




■蓮花 2007年9月 2日 (日) 16:01

ブログでメニュー名が決まるっていいですね~。
涼しそうな、ナイスネーミング!
これから恒例になってゆきそうな予感??

★蓮花さま ヒロキエ

ブログでメニュー名を募集して決まるのは
オモロイけど、結構わちきが大変どす(^^;)
恒例にするのは辛いでげすよ~。




★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ 



■shizuku 2007年9月10日 (月) 02:08

ヒロキエ様、『福わうち』のご主人様、その節は 大変
お世話になりましてありがとうございました。
お料理 ぜ~んぶ、美味しゅうございました。^^
『福わうち』は 素材の組み合わせや薬味の使い方が凝っていて、
主婦の私も真似てみたい所がたくさんありました。
盛り付けやお皿もキレイで、ご主人は見掛けよりも
ずーっと(失礼!)繊細な方だとお見受け致しました。^^
そして、私たちがいる間に注文が入った『赤い涼飯』を、
「コノヤロー汁入りましたぁ~!」と 嬉々として叫んでいる
ご主人のアゴは、ちょっとだけシャクレていたように
感じたのは 私だけでしょうか・・・(笑)。

★shizuku様 ヒロキエ

たしかに三宮店主は見かけよりも繊細だと思います。
料理を食べると分かるものなのかもしれません。
他の見知らぬお客さんが「赤いすずめし」を
注文しているのを見ると結構嬉しいものですネ。
三宮店主は「コノヤローごはん」と呼んでたけど(^^;)
いやぁ~それにしても“驚き 桃の木 長州力”でした。
私のコメント欄以外では、shizukuさんの名を
お見かけしないのが、いつも不思議ではあったんですけどネ。
teardrop_sのHNで、55aiaiさんのコメント欄に
入っているのも何となく引っかかってましたヨ。
手作りの印鑑、ありがとうございました!
本当に手先の器用な方なんですね。
最後のコマ目右下に「ひ」と押印してありますよ~(^^)




■55aiai 2007年9月10日 (月) 11:31

ひゃあ~!本当ですか!すっごい偶然もあるんですねぇ。
確信犯だとおっしゃってますが、でもでもこのお料理が
この名前に決まらなかったら・・・と思うと
やっぱり偶然と感じずにはいられませんね!

★55aiai様 ヒロキエ

shizukuさんの正体は私よりも、
むしろ55aiaiさんの方が驚きまっせ。
今回の名前つけてね企画が無かったら、ずーっと
知らないままだったんだなと思うと、
昔っから55aiaiさんの知人である
三宮店主の存在が、またより一層、
不思議な人に思えてくるんだよね。




■巽 2007年9月10日 (月) 19:48

キムチ食えない身としては残念ながら
涼飯は食べられない(涙)のですが、
その隣のトマトの冷え冷えが気になります。
いや絶対にタダの冷やしトマトなワケが無い
という意味も含めて。

★巽さま ヒロキエ

「涼飯」はキムチ抜きで
リクエストすれば、大丈夫ですよ。
最近の「涼飯」にはナメタケが入ってます。




■沙樹 2007年9月10日 (月) 22:45

実は正体はばらしたのですが 汗
すずめしと言ったらりょうはんといわれましたよ 汗

★沙樹さま ヒロキエ

私は「りょうはん」と言ったら
「すずめし」と言われましたが(笑)
三宮さん、沙樹さんの正体分かりましたーと
笑ってましたよ。




■ロレンス 2007年9月10日 (月) 22:55

へぇ~、知っている人だったとはビックリですね。
たしかに会ってみるといろいろありますよね(笑)
赤い涼飯、メニューに溶け込んでいますね。
やっぱり日本語の方がいいなぁ。
でも、ひらがなで書かれると
どうしても赤い鈴虫に見えてしまうのは
私だけでしょうか?

★ロレンス様 ヒロキエ

たしかに会ってみると、いろいろあります。
半年間、女だと思っていた人が、男だったりね(笑)
「赤いすずめし」「赤いすずむし」一文字違い。
ひらがなで書かない方が無難ですな。




■福わうち店主 三宮です 2007年9月11日 (火) 15:53

皆さま。お言葉大変感謝いたします。
赤い涼飯は今月でいったん終わり来シーズンです。
この様に盛り上げてくださって感謝に耐えません。
今後、またお邪魔した際は宜しくお願いいたします。
ヒロキエ様。色々ご配慮ありがとうございました。

★三宮さま ヒロキエ

おお、この9月いっぱいまでは出してくれるのですな?
皆さ~ん、食べに行くなら今月中ですよ~!!
三宮店主が新メニュー名を付けて下さいと、
私に声をかけてくれた御陰で、
shizukuさんの正体を知るという思いもよらぬ
成果がありました。
また秋が深まったあたりに伺いますので、
よろしくです~!









スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。