プロフィール

 ヒロキエ

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎・島原 六兵衛

長崎・島原 六兵衛
長崎県島原市萩原1-5916

10:30〜22:30
定休:火曜




simabararokube1.jpg
simabararokube2.jpg



長崎・島原外港からタクシーに乗車して
「六兵衞」へ向かう


「お客さん、六兵衞 食べに行くんですか?」

「ああ、そうだよ。サツマ芋でできた麺なんだってね」

「島原に来たんだったら具雑煮がオススメですよ」

「ああ、あれも島原の名物だね」

「具が10種類以上も入って、六兵衞よりもイイですよ」

「うん、またいずれ食べに来たいね」

「お客さん、島原城の近くに具雑煮の店がありますから
そっちへ行きましょう!」


「いやいや、今日は六兵衞を食べに来たんだから
六兵衞へ行ってよ」


「具雑煮の方がお腹いっぱいになりますよ!」

「あのね。満腹になりたくて、ここまで来たんじゃないの」

「具雑煮の方が断然、美味いですって!」

「美味い不味いよりも私は
珍しいものを食べたいんだよ」


「お客さん、後悔するから具雑煮行きましょう!」

「後悔しねぇーよ!
だから六兵衞行けって言ってんだろコノヤローーー!!」



とまぁ、店に着く前に
意外なところで消耗してしまった(笑)


1792年 島原・雲仙岳の
火山災害によって農地は荒れ
米も麦も満足に取れない状態に

そんな中、六兵衞さんという人が
サツマイモを粉にして
ヤマイモを混ぜて作ったうどんが
六兵衞の始まりだという



うむっ
素朴な味わいに心がジ~ンとする

1本2本と少しづつ口に入れて噛むよりも
5~6本まとめて口に頬張った方が
サツマイモの甘味と香りを強く感じる

ツユも関西風うどんダシで美味しい

これは食べることができて
本当に良かった!


それにしても
あのタクシー運転手の態度は何なんだ?

まぁ親切な人といえば
そうなんだけど

地元民が六兵衞の良さを
分からないとは考えものだな

この地ならではの歴史ある
食べ物ではないか

不味いならともかく
とても美味いんだし

もっと六兵衞に対する誇りと
“郷土食愛”を強く
持つべきだと思うぞ


ところで

具雑煮も全く興味が無い訳ではないので
チェックはしておこう








スポンサーサイト
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。