プロフィール

 ヒロキエ

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀座 ロオジエ

銀座 ロオジエ

2011年3月末で
一時閉店しました

ロオジエがあった場所

ロオジエのHP



losi1.jpg
losi2.jpg



2losier.jpg
2コマ目… イトヨリのヴァプール
香味野菜のコンフィ ソース・アニス オリーブの香り


3コマ目… ブルターニュ産オマール海老
ブロッコリーのピューレ添え
ポム・ド・フィーヌとプレスしたジュ トリュフの香り


4コマ目… 和牛フィレ肉のポワレ
アスパラガス添え シェリーヴィネガー入りのジュ



2コマ目と4コマ目はコース料理
3コマ目はアラカルトで注文しました

ブルターニュ産オマール海老は
アメリカンロブスターの
4倍も値段が高い最高級食材だそうです




2losier2.jpg

銀座「ロオジエ」で私が最も楽しみにしていたもの
それはフロマージュのワゴン

一体どんなチーズが出てくるのか?
ブルーは何と、何が、入っているのだろうか?
シェーブルは何種類含まれているのだろうか?
AOCチーズの、割合はどのくらいなのか?

チーズ好きとしては、もう~ワゴンが出てくる直前から
ワクワクしっぱなし
こんなワクワク感は、ポール・マッカートニーの
来日コンサート以来じゃなかろうか?(笑)



グランメゾンで堪能したチーズの感想

ナチュラル・チーズを自分で買ってきて、どんなに保存
状態を良くしても、けっして味わうことの出来ない味

きちんと熟成が成されているチーズが いかに素晴らしいものか
ただただ熟成度合いの素晴らしさに感動しました
「ロオジエ」、凄いです!




3losier.jpg
3losier2.jpg


グランメゾンのデザートの恐ろしさが
身にしみて分かりました
これほど凄いとは!
あ~怖かったぁ(笑)

グランメゾンといっても「ロオジエ」はけして堅苦しい
雰囲気の店ではありません
肩肘張らずに、ゆったりとリラックスして
食事に望むことが出来ますヨ

ただし男性の皆さんはジャケット着用
女性の皆さんは、あまりカジュアル過ぎない服装でネ




4losier.jpg
4losier2.jpg
2007年11月20日の追加記事




5losie.jpg
5losie2.jpg


2010年4月26日の追加記事

「ロオジエ」の個室にて
マリスさん主催のランチ会に
参加させていただきました

初めて同じテーブルに付いた
白木あきこさんの記事
当日の参加メンバーの名が出ています


主菜の3種類は
私一人で食べたわけではありません(笑)
参加者の皆様とのシェア食べです

それぞれの料理名が長たらしいので
こちらに書きます
上から順に

タラバガニのサラダ
アサリのヴィネガーソース

白金豚ロース肉のロティ
ガーリック風味のジュと共に

キャロットのリゾット
マスタード風味
赤ワインソース

静岡県産ニジマスのポワレ
カレー風味のレタスソース
スペッツル添え



皿上のチーズは
右上から時計回りに

ミモレット
フルムダンベール
エジ・サンドレ
クロシェット


この中で熟成が進んだ状態の
クロシェットの美味しさには思わず
涙がこぼれそうになりました(ホント)

ミモレットも
デパ地下で買ってきて食べるものとは
まるで別物のよう!
24ヵ月ものだそうです

「ロオジエ」のチーズは
本当にいつも素晴らしいですね!

「フレンチ」のカテゴリよりも
「チーズ」のカテゴリで紹介
したくなりました



デセールの名前は

マスカルポーネとチョコレートのムース
コーヒー風味のビスキュイと
アマレットのアイスクリーム


ランチタイムのためか
怒涛のデセール攻撃はやや
おとなしめだったので
私としては非常に助かりました(笑)






いただいたコメント 1回目

■Kisako 2007年5月15日 (火) 00:10

わー!ロオジエですか。
お料理、繊細で見た目でうっとりしちゃいますぅ。
最後のスイーツは、スイーツ好きな方には
たまらないでしょうね。
おやびんなら、最後のプティフールのワゴン
「全部、ください」ができるのでは?(笑

★kisako様 ヒロキエ

たぶん一番のりで来てくれるのではないかと、
お待ち申し上げておりました。
怒涛のデザートは、4回目で取り上げることになるでしょう。
エグゼクティブ・シェフのブルーノ・メナール氏は
親しみ易い性格の人なんですねぇ。




■ ロレンス 2007年5月15日 (火) 01:39

食い道をゆくでは、どう料理するのか、
気になるところですね。
もしかしてノーマルだったりして(笑)
以前は資生堂パーラービルの中にありましたね。
バーも評判が高かったのですが、結局は
どちらも行ったことはありませんでした(笑)

★ロレンス様 ヒロキエ

「食い道をゆく」の紹介の仕方は普段と、
さほど変わらないと思います。
なのでA級店がB級店っぽく見えてしまうかも(笑)
毎晩、缶ビール1本で訓練してる成果が出て、
今回は赤ワイン飲めちゃいましたぜ。




■つきじろう 2007年5月15日 (火) 05:54

気がつけば、ひさびさの食い道53店シリーズなんですね(笑)。
バーのほうは、かろうじて私も1回だけお邪魔しました。
思えば、あれはレストランの
ウェイティング・バーとしての役割もある場所で。
ちょいとお酒だけ飲んでサヨナラするのは、このお店の
玄関先を覗いただけで帰るようなものでしょうか。
食事もすればいいのに、もったいないことをしたと思います☆

★つきじろう様 ヒロキエ

食い道53店シリーズ。
一向に進まないので、ちょっと焦り始めてます。
これから怒涛の53店紹介を始めるつもりです。
現在の「ロオジエ」には、ウェイティング・バーがありません。
この1点が唯一「ロオジエ」についての不満点なのだ。
と仰るファンが多いみたいですよ。
私は当然、気にしませんが(^^)




■まさぴ。 2007年5月15日 (火) 07:48

お~、そうきましたか(笑)。
「ロオジエ」も「あらがわ」と並び”いつか行ってやるぞ”の一軒です。
ま、力まずランチあたりから攻めればいいのにと思いつつ、
機会を得ていないってことではありますが。
アミューズからいきなりソソル感じですね~。

★まさぴ。様

「ロオジエ」を取り上げたら、女性からのコメントが多いかも?
と思っていたら、まず来たのは「飲兵衛三羽烏」の
怪しいオジチャンたちではありましぇんか(笑)
ここ、ワインの品揃えが、凄いみたいですよ。
私が感動したのはジンジャーエールでしたが(笑)





■ sociton 2007年5月15日 (火) 10:01

ああ、一度行ってみたいです。
が、しかし最近はC級なので、敷居高いなあ・・・

★sociton様 ヒロキエ

ここ敷居高くはないですよ。
堂々としていればイイんです、堂々とね。





■あな 2007年5月15日 (火) 10:50

ヒロキエさん、大丈夫です、
きっとココからは女性のコメント目白押しですよぉ~。
ワタシもいつか行ってみたい宿題店。
確か何年か前にシェフが変わったんですよね。
うぅ~ん、ロオジェでお洒落ゴハンが似合う
女性になりたいものです。
4回目の怒涛のデザートも楽しみにしてます。
ワタシだったら「全部ください」
って言っちゃいそうかも☆(ぶっ

★あな様 ヒロキエ

あなちゃんがオヤジ軍団と共に来てくれれば嬉しいです(笑)
最近の女性陣、元気ない人が多いので、ちょっと心配。
大丈夫かなぁー?
女性ってホントにスイーツが好きですよね!
別腹だとばかりに、よくぞ次から次へと
甘いもんばかり食べられるもんです。
「ロオジエ」のデザートタイム。
私にとっては拷問に等しい、ひとときでした(笑)





■くに 2007年5月15日 (火) 11:19

この超A級店をどう紹介するんでしょうか。
変な食べ方とかしてないですよね?^^;

★くに様 ヒロキエ

「こ、これはっ!」とか「ぐふっ!」とか、やってもイイですか(笑)
たぶんフツーの紹介で終わると思うよ。





■早坂 2007年5月15日 (火) 16:15

ヒロキエさん良かったですわね(^V^)
このワタクシめが女性からのコメント増やしに来ました!!
オジェって柳ですね~。
ジェントオジェって優しい柳って意味の店がこっちにあるもので・・・。
アミューズ、串に刺したヒメホタテに千切りにしたイベリコ豚・・・
そしてゴマですか?あとオリーブオイルとオレンジ色の・・・
なんだろう・・・すっぱい系のお味でしたか?
もう、アミューズでじらさないで~~(><)
ワタクシ、超ド級店が大好きですの。続きが楽しみ~~。

★早坂さま ヒロキエ

さすが、おフランス料理に詳しい早坂しゃま!
アミューズ・ブーシュを見ただけで味まで分かってしまうとは!
柑橘系の味がベースになっていたことは確かでございます。
何やらとっても玄妙なお味でございました。




■バンビとヒメの姐 | 2007年5月15日 (火) 18:27

私はフランス料理は門外漢(…ってどの分野でもそっか…)ですが、
私はお皿とお料理のマッチングしたヴィジュアルに感動してしまいました。

★バンビとヒメの姐さま ヒロキエ

私もフランス料理は門外漢です。
さすが職業柄、目のつけどころがイイですな!
次回はもっと料理のビジュアルが面白いと思うよ。





■shizuku 2007年5月15日 (火) 19:54

ああああああ・あこがれのろぉじえぇぇぇぇ!?
しかも アミューズだけとは引っ張りますね(笑)。
続編を楽しみにしています。

★shizuku様 ヒロキエ

憧れの「ロオジエ」ですか?
すぐに予約して行ったんさい!
一度、店内に入って他の客を見渡してみれば、
至ってフツーの人ばかりですから、
何~にも気負うことはありません。
最初はコースで。
2回目からはアラカルトで食べるのが良いと思います。





■築地王 2007年5月15日 (火) 23:55

飲兵衛三羽烏の一羽(って、入ってない?)としては、
コメントをしない訳にはいきませんな!(胸張)
し、しかし、ここは私もまだ未踏。
あとの3回、楽しみにしております。

★築地王 ヒロキエ

飲兵衛三羽烏の一羽なんて、謙遜なさってはいません。
BON様は飲兵衛大魔王でございます(笑)
一応、私も赤ワインをグラスで1杯いただきました。
どんな銘柄だったのか聞いても、すぐに忘れてしまいましたが、
初めて口にする濃厚な味のワインでした。




いただいたコメント 2回目

■takapu 2007年5月17日 (木) 00:09

ミスターチーズマンのヒロキエさまですからね。
すごく美味しい顔で召し上がられたのではと思います。
やはり、全種類を口にされたのでしょうか?

★takapu様 ヒロキエ

それが全部食べたいと言ったら、ギャルソンちゃんから、
止めた方が良いと言われてねぇー(笑)
まぁその意味は、この後に分かるんだけど…。





■ロレンス 2007年5月17日 (木) 00:28

これは行った甲斐があったということですね。
フレンチの歴史と伝統なんでしょうか。
食後のチーズというのは残念ながらパスが多いです、
女性はたいていデザートに関心がいってるし(笑)
それにしても、どれがどれだかよくわかりますね。
私が名前と写真で神経衰弱したら
なんとか当たるのは5個だけかな(笑)

★ロレンス様 ヒロキエ

きちんとしたフレンチには、きちんとしたチーズが出てきます。
ですからフレンチへ行って、ワゴンに
イタリアのチーズが乗っかってきたり、
質問してもチーズの名前が出て来ないようなギャルソネ
じゃなかったギャルソンなんかが仕切るフレンチなんぞは
二度と行きましぇん!
ロレンスさん、この写真見てチーズの名前が
5つ分かるのなら、良い方ですよ。
フレンチが好きでも、チーズに関心が無い人が
本当に多くて、ちょっと悲しいんだよねー。





■Kisako 2007年5月17日 (木) 00:38

チーズは興味あったけどおなかが一杯で手が出ません
でした。見ると食べちゃいたくなりますね~。
コースのデザートの3段攻撃はいいから、
かわりにチーズを入れてくれたらいいのにな。

★kisako様 ヒロキエ

ランチだとチーズは出ないんですか?
私、「ロオジエ」へ行ってチーズだけ食べて、
帰ったとしても、きっと大満足しちゃうと思います。
料理も勿論、素晴らしいんですけどね。
私にとっては、どんなチーズが出てくるのかが
一番の関心事だったので。


■Kisako 2007年5月17日 (木) 00:59

おやびん。いえいえ、チーズのワゴン出てきますよ。
デザートの前に、いかがですかって
おすすめしてくれます。
だけど、お料理ですでにおなか一杯で
デザートもたくさん出てくることが
わかっていると、たのめなくって。。。
少食なもので(涙)
夜も行ってみたいですけどね。
きっと、ランチとはまた違う雰囲気なのでしょうね。

★kisako様 ヒロキエ

おーランチでもチーズワゴンが出てくるんですかい!
なら今度はランチにも行ってみるかなぁ。
女性はデザートが楽しみなんだよね。
私みたいにチーズが楽しみって者は少数派なんだろうなぁ。





■つきじろう 2007年5月17日 (木) 03:20

「ファン垂涎」とは、まさにコレでしょうねぇ~。
“築地直送の鮮度自慢”などとは全く別次元にある
お店の力量が伺えるなぁと・・・☆
ベストコンディション管理の難易度はワイン以上。
たとえて言えば、大きさも形もバラバラのお皿を
10枚も20枚も同時に使って皿回しを演じている
ような職人芸でしょうか。

★つきじろう様 ヒロキエ

なるほど~良い例えですね~。
チーズの「熟成自慢」というものがあるとしたら、
魚介類の「鮮度自慢」とは対極にある世界かもしれませんね。
つきじろうさんは性格からして熟成師に向いている様な気がします。
どうですか? 今から熟成師を目指してみませんか?
チーズは食べると幸福感に満たされる食べ物。
チーズこそ「味の芸術」だと思います。





■くに 2007年5月17日 (木) 07:09

すごい種類の多さですね。
チーズはいろいろと難しそうですね。
でも今回も真面目な紹介。
さて、そろそろ期待してるんですが・・。笑

★くに様 ヒロキエ

チミねぇー私はいつも真面目に紹介しているのよ。
いままでだって真面目そのものだったでしょ?
特に「三陽」のときなんか(ぷっ
そろそろ何かしでかさないと、いけないですかね(笑)





■あな 2007年5月17日 (木) 09:41

ワタシもチーズ大好き☆
でも確かにどうやったらあんなふうに最高の状態に
熟成させることが出来るんでしょう・・・。
こんなところにもロオジェの素晴らしさを感じますね。
ワタシチーズ好きなんですけど、
いっつも名前が覚えられないんです・・・(ぶっ
でもこんなにいっぱい種類あったら楽しそう☆
ブリア・サヴァランとボン・レベックというのが気になります。
ヒロキエさん絶賛のシェル・シェル・シェルも食べてみたい~☆

★あな様 ヒロキエ

シェル~シェル~シェル~のヨイヨイヨイ
じゃなくて、2番目はシュル、「ユ」だかんね。
と言いながら日本語表記を訂正しますたぁ。
「シェル・シュル・シェル」→「セル・シュル・シェル」
失礼しました。
あなちゃん、チーズはまず名前を覚えるよりも、
簡単なタイプ別に覚えていきましょう。
白カビタイプ、青カビタイプ、シェーブル(山羊)タイプ、
ウォッシュタイプ、ハードタイプ、フレッシュタイプという感じで。
白カビタイプはカマンベール仲間。
青カビタイプは、ブルーチーズの色々なヤツ、ってな具合にね。





■shizuku 2007年5月17日 (木) 20:58

さすがロオジエ!チーズにまで手を抜かずに
力を注いでいるんですね。
また それを真っ向から受け止めて投げ返す事の
出来るヒロキエ様もすばらすぅい~!です♪
ちなみに私もくっさいチーズ(笑)が大好きです。

★shizuku様 ヒロキエ

「ロオジエ」のチーズに関する品質管理と熟成は実に凄いです。
ところで、とある有名ホテルのロビーにある店。
チーズの盛り合わせがメニューにあったので、チーフに質問。
「これブルーチーズも入ってる?」
「はい、青カビのチーズ入っております」
「どんなブルーチーズ?ロックフォール?」
「いいえ、あのぅ、ブルーチーズでございます」
「・・・・・・・・・
それでは御機嫌よう~さようなら」(笑)





■ジジ飼い 2007年5月17日 (木) 22:33

これ全部食べたんですか?!すごい~。
それはおいといて、親分下戸っ子なのに
赤ワインなんか飲んでる!(^^;

★ジジ飼いさま ヒロキエ

チーズ全部食べたかったんだけど、止められたのよ。
きっとこの後に恐ろしいことが待ち受けていたからなのね(謎)
赤ワインは1杯だけ飲んだけど、とても美味しかった。
少~しなら飲めるのよ。





■なっつん 2007年5月18日 (金) 00:09

はじめまして。いつもこっそりと楽しく拝見してます☆
チーズ大好きなのでとっても興味深いです。
’セル・シュール・シェル’はシェーブルチーズですよね。
まだ未体験なもので思わず涎が・・・(゚ー,゚*)ジュル
最高の熟成状態、いつか体験したいと思います♪
是非全種類制覇していただきたいです!
次の更新を楽しみにしております。

★なっつん様 ヒロキエ

はじめまして。良かった~チーズに興味ある人がいてくれたぁー!
今回の4コマはチーズに興味がないと、全然面白くないもんね。
でも興味ある人が見れば「ほう~ロオジエのチーズの取り揃えは
こういうもんかぁ~!」とシゲシゲとながめるはず。
はい「セル・シュール・シェル」はシェーブルのAOCチーズです。
実は「セル~」との初めての出会いは約15年ほど前。
あるデパートで買って食べたのです。
でもそれが何と腐っていたんです!酷い臭いと味でした。
「セル~」とは、こうした不幸な出会い方をしていただけに、
今回尚更、感動が深かったんだと思います。
最高の状態の「セル~」を食べることが出来て本当に嬉しゅうございました。





■早坂 2007年5月19日 (土) 09:57

チーズダイスキーなワタクシですが、
やっぱりスウィーツを選んでしまうのです。
今度こそ!と思いながら次もやはりスウィーツの誘惑に・・・。
あれって両方OKってなりませんでしょうか??
おねがいおねがいって言っても!
しかしヒロキエさんのチーズの知識はすごいですよね。
ぜひぜひ次回は神戸の400種類のチーズ専門店で食べましょう!!


★早坂さま ヒロキエ

ええと…神戸はどうだか存知あげませぬが、
チーズもスイーツも大概が両方食べることになりませぬか?
両方食べることになっていて、どちらかを
キャンセルする形が多いように思います。
まぁ大体がチーズをキャンセルでしょうけどね。
早坂さんが東京へ来たら、自由が丘の
スイーツフォレストへご案内しましょうかね。





スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。