プロフィール

 ヒロキエ

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福井・美浜 麺房かなめ

福井・美浜 麺房かなめ
福井県三方郡美浜町金山24-15-1

10:00~20:00
定休:第3木曜




mihamakaname1.jpg
mihamakaname2.jpg



福井・美浜へやって来た
突撃したのは「麺房かなめ」

この店では、1本の麺に
「うどん」と「そば」が合体した
「うそば」という
珍しいものが食えるんよ

いかにもオイチャン好みの
食べ物ではありましぇんか!

うきうきわくわくの入店

さっそく、いただきやしょう
まずは冷たい「ざるうそば」から

うむっ

食感からすると「うどん」っぽいが
噛むと微かに蕎麦の香りがする

適度な弾力もあって
こりゃなかなか美味いぞっ!

次に温かい方「うそば」

うむっ

こちらは弾力が抜けて
柔らかいうどんを食べているよう

私のようなお年寄り(?)には
こちらがオススメじゃな

6コマ目の冷たい麺リフト写真と
8コマ目の温かい麺リフト写真を
見比べてもらうと
その違いが少しは伝わるかな
8コマ目の麺の方が
タラ〜ンとしてるであろう



さてこの「うそば」

「表はうどん、裏はそば」

と説明されているが
実物を目にした私の感想は

「背中がそば、腹はうどん」

つまり1本1本が
ウナギやアナゴを見てるみたいなんよ

ビジュアル面をとらえても
本当にユニークな麺だと思う

これを考案した「かなめ」の先代に
深く敬意を表しよう


ところで、この「うそば」は
お取り寄せもできるようだぞ

変わったものを好む相手には
とても喜ばれるプレゼントになると思う

でも、あくまでも“変わったものを好む人”限定に
しておいた方がイイけどな(笑)






スポンサーサイト
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。