プロフィール

 ヒロキエ

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京 大人のもてなし 珠玉の名店

otonamote.jpg


東京で働く人、東京で暮らす人が
一人当たりの予算 10,000~15,000円で
大切な相手をもてなすとき
最高に威力を発揮する本が完成しました!

東京書籍

『 東京 大人のもてなし 珠玉の名店 』

明日7月7日発売です





執筆メンバーは、50音順で

日本一ラーメンを食った男:大崎裕史さん

伝説の編集長:小川フミオさん

証券とラーメンのアナリスト:河田 剛さん

築地市場を食べつくした築地王こと:小関敦之さん

スイーツにも強い フードライター:鈴木美和さん

元祖フードライター:森脇慶子さん


そして今回、ありがたいことに
築地王から声をかけていただいて参加した私
ヒロキエの計7人でございます





私が紹介させていただいた9店は
このブログ「食い道をゆく」でも紹介した店ばかり

「東京 大人のもてなし 珠玉の名店」の掲載順で

ロウリーズ   白金亭   葉景乃

資生堂パーラー   全聚徳   飛雁閣

銀座アスター 日本橋賓館   DAZZLE   白いばら


この他に「食い道をゆく」登場の店で
私以外の方が紹介して載っている店もあります

   鮨つかさ   よろにく   江ぐち

流石はなれ   OGINO   き く

マサズキッチン   アピシウス

人形町今半本店   富ちゃん   樋 口

馳走啐啄





ブログ「食い道をゆく」と連動して
活用していただければ
より一層、効果が増す本です

あれ?本じゃなくて
ブログの宣伝っぽくなっちゃったかな?(笑)





■romy 2009年7月 6日 (月) 03:21

本の発売、おめでとうございます!
そう、こういうクラスのお店って、自分が行き慣れてないから、
いざって時に探せないんですよね~。
ぜひ、活用させていただきます♪
ヒロキエさんが執筆されている9店が、ブログと違って
どのように紹介されているのかも楽しみです。

★romy様 ヒロキエ

ありがとうございます。そうですよね。
こういう本は今まで、ありそうで無くて、あったりしたような本ですよね(?)
romyさん、真っ先に「活用します」とコメントして下さったので、
この9店の中から行ってみたい店を選んで下さい。お連れしますよ。





■つきじろう 2009年7月 6日 (月) 05:35

祝☆新刊リリース!
やはりワタシも、こちらの4コマ漫画と今回の
執筆記事の比較が気になって気になって・・・(笑

★つきじろう様 ヒロキエ

ありがとうございます。
たしかに私はブログでは、そっけない文章書いているからね。
4コマでくたびれちゃうからしょうがないのよ。
でも今回は他のそうそうたる執筆人に申し訳ないから、少しはマトモに・・・





■くに 2009年7月 6日 (月) 08:53

出版おめでとうございます!!
大人のおもてなしということで、ヒロキエさんにピッタリの本ですね。
「白いばら」ときましたかぁ。衝撃の1冊になりそうですね^^;
あの店をどう書かれたのか、めちゃくちゃ気になります。

★くに様 ヒロキエ

ありがとうございます。初めての共著でございますよ。
しかし本を書くってのは結構大変な労力だね。
9編だけでも大変だったのに、一冊書くってのは相当なエネルギーが必要だよ。
「白いばら」紹介できるのは私だけなので、参加できたのかも(笑)





■マスッチ 2009年7月 6日 (月) 10:12

もう少し早く出版されていれば、合コンに使えたのに・・・
今そんなことしたら怒られそうですが・・
「DAZZLE」なんて女の子が本当に喜びそうなお店ですよね~

★マスッチさま ヒロキエ

オヌシ、今が一番危ないな。変な気を起こさないように(笑)
執筆期間が短かったので、ちょっと大変だった。
でもわが社にはありがたいことに校正士のあの男がいるからな。
校正・校閲に立ち会ってもらったので、第一チェック完了。
お陰で文章提出してからほとんど訂正無かったよ。





■早坂 2009年7月 6日 (月) 12:28

いろんな角度からおもてなしを提供できるそうそうたる執筆人ですね。
ええっ!執筆と言うことは・・・ヒロキエさん、文章のみ?絵は?片隅に?
絵がないという状況は想像しにくいなぁ~!

★早坂さま ヒロキエ

そうそう、そうそうたる執筆人の中にまじって“怱々の間”だったよ。
何せ若いころの私は文学青年だかんね(ぷっ
絵を描かせろといったら「カッコいい本にするから」と却下されたとか。





■ロレンス 2009年7月 6日 (月) 20:38

先ほど本屋さんへ寄ってみたのですが、明日発売だったんですね(汗
選んだお店から察するところ、今回は真面目なんですね(笑)
密林で「ヒロキエ(著)」をクリックすると、
“ヒロスケ”に修正された上に「山下洋輔」が!

★ロレンス様 ヒロキエ

ええ、今回こそは真面目ですとも!
アマゾンで「ヒロキエ(著)」をクリックすると、一番、悲しいのは
「もしかして:ヒロスケ」と出ることです(笑)
福家書店は1F店の奥の方も探してみてちょうだい。





■sepp 2009年7月 6日 (月) 23:01

出版おめでとうございます!
大切な相手のおもてなしの為に行くことが出来るお店、
なかなか簡単ではないですね。
こちらの街でも絶対おもてなしに大丈夫というお店は、
思っているほど多くはありません。
予算も現実的で、実用的な本ですね。
是非日本から送ってもらって拝見したいと思います。

★sepp様 ヒロキエ

ありがとうございます。後でメールしますね。
私の方からseppさんと、laraさんの二人分送りますから。
お店の参考だけでなく、おもてなしのポイントなども記されているので、
海外にいる方が読んでも参考になるんじゃないかと思っています。




スポンサーサイト
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。