プロフィール

 ヒロキエ

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南青山 セレブ・デ・トマト

セレブ・デ・トマト 青山本店
渋谷区渋谷2-2-2 青山ルカビル

11:00~21:00
年中無休
セレブ・デ・トマトのHP



celebtoma1.jpg
celebtoma2.jpg



55aiaiさんの記事



celebtoma3.jpg




■とまと好き。 2007年5月10日 (木) 14:03

トマトにはやや詳しい者です…。
ファーストトマトはそもそも昔のトマトです。
今スーパーなどでよく売られているのは
桃太郎という品種で完熟系と呼ばれています。
樹である程度赤くなるまで熟させてから
出荷することが出来るからです。
それに対して、昔のトマト、ファースト系などのトマトは
青いうちにもぎ、流通段階を経るうちに赤く
(真っ赤というよりはピンク)なっていくものでした。
ファースト系は熟すと身が軟くなってしまって
流通に適さないからです。
真っ赤な外見が受けて桃太郎が一気に
マーケットを席巻しましたが、
桃太郎の食味はやや水っぽく酸味も少ないのが実情です。
なので今また、食味嗜好の高まりや流通技術の改善で
ファーストトマトが注目されております。


★とまと好き。様 ヒロキエ

いろいろ教えていただいて、勉強になります。
トマトには「完熟系」と「追熟系」があるのですね。
昔はトマトを青いうちに収穫して各家庭の食卓に上げるまでの間に
赤く追熟させる「追熟系」が主流であった。
これが「ファーストトマト」。
現在は品質改良および栽培方法の技術が進み、
完熟してから収穫しても品質を保てる「完熟系」のトマトが主流となった。
これが「桃太郎」。
このような理解で宜しいでしょうか?
思うに私が求めていた昔のトマトの味というのは、
分かり易く言うと「程よい酸味がある」「青臭い香りがする」の
2点を備えたトマトの味ではないかなと思います。
現在の主流トマトの水っぽい味。
あるいはたま~に口にする、特殊なトマトのただ甘~いだけの味。
こういうトマトばかり口にしていては、
本来のトマトの美味しさは分からないままなんじゃないかなと。
まぁでも、やっぱり好き好きなのかな?
確かに見た目も大事ではありますし。
私にとっては、幼い頃に食べた「初めてのトマト」
=「ファーストトマト」であったということで(笑)
締めくくりたいと思います。
貴重なコメント、ありがとうございました。





スポンサーサイト
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。