プロフィール

 ヒロキエ

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀座 エノテーカ・ピンキオーリ 

銀座 エノテーカ・ピンキオーリ は
残念ながら2010年12月末で
閉店しました

店があった場所



enote1.jpg
enote2.jpg



「銀座コア」は面白いビルです

6階の書店「ブックファースト」
気軽に入れて、夜遅くまで色々な本を物色していられるので
終業が遅い私にとっては、とても助かる存在の本屋さんです

そのすぐ1階上の7階
ここにはガラリと趣きの変わった、とっても重厚な装いの
本格イタリアンの店が存在しています
それが「エノテーカ・ピンキオーリ」

本場では、三ツ星イタリアンとして有名な店で
ここ東京店が初の海外支店です

サービスに関しては、ごく一部の人でしたけど
上辺は丁寧な応対でありながら
何か尊大ぶっているような臭いがしていました
ちょっとオスマシさんかな

でも私が一生懸命、長いメニュー名を
メモに記録していたら
店員さんがメニュー表を一冊下さいました

このあたたかい応対は
大変に嬉しゅうございました





enote3.jpg



■築地王 2007年5月31日 (木) 00:36

いやぁ~、これはツボに来ました!
PCを前に声を出して大笑いしたのは、久しぶりです(笑)

★築地王さま ヒロキエ

たま~に脱線したくなる性分なもので(笑)
「エノテカ」は3回で収めるつもりでしたけど、
3回目のシメがこれではサマにならんので、もう1回やります~。





■takapu 2007年5月31日 (木) 00:52

これ…本当にこの方に告げてしまったのですか?(笑)
カールゴッチとかの時代に活躍したレスラーですよね…

★takapu様 ヒロキエ

そうですね、K・K・コックスと名乗る前に出場した海外の
何かの大会では、一度カール・ゴッチを破って優勝しています。
見た目はオジチャンぽかったけど、なかなかの実力者でしたよ。





■USHIZO 2007年5月31日 (木) 18:04

キラー・カール・コックスってf(^^;)
すごいものが出てきましたね。
しかし、カール・ゴッチを破って優勝というのは
知りませんでした。それでは、失礼しました。

★USHIZO様 ヒロキエ

今、調べてみたらコックスがゴッチを破ったのは、
なんと1950年の大昔、ウィーン大会でのことだそうな。
この大会当時、ハープ・ガーウィックと名乗っていた
キラー・カール・コックスが優勝。
準優勝は当時、デビューしたてのカール・イスタース。
これが後のカール・ゴッチでやんすヨ。





■shizuku 2007年5月31日 (木) 20:52

キラー・カール・コックスさんてどんな方でしょう~?
と検索してみましたら・・・(笑)
この方が エノテカのメートルって・・・(爆)


★shizuku様 ヒロキエ

うはははっ!そげな写真、よぉ~く見つけてきたねぇ!!
そうそう、この方ですよ、コックスさん。
今回のK・K・コックスは、手元に写真等がなかったので、
記憶だけで描きました。
私、かなり間近で見たことあるんですよ~。
何しろ東京・大田区体育館まで観に行きましたからね。
A猪木、グレート小鹿vsザ・デストロイヤー、K・K・コックスのタッグ戦。
猪木が新日プロを旗揚げする前の日本プロレス時代の話です。
試合結果はコックス組のストレート勝ち。
当時、日本組が1本も取れなかったとは、こりゃ随分と
珍しい結果になったなぁと関心しながら帰路につきましたヨ。






enote4.jpg



描き終えて思うことがひとつ
それは…

前回と今回の漫画は、別に「エノテカ」じゃなくても
良かったんじゃないかな?と(笑)






■takapu 2007年6月 1日 (金) 00:30

久しぶりに、初期の頃のように、
画伯としての作品を見ることができて嬉しかったです。
東レのトレビーノみたいな名前のチーズ、
私はディーンマレンコと一緒に食べてみたいものです。

★takapu様 ヒロキエ

先日のフレンチ「ロオジエ」。
シェフのブルーノ・メナール氏の名を聞いたとき、
すぐさま頭に浮かんだのが“人間発電所”
ブルーノ・サンマルチノでした(笑)





■くに 2007年6月 1日 (金) 07:10

ゴルゴンゾーラっていろいろあるんですね。
昨年来チーズに興味を持ってますが、
こんなに種類があるとたじろいでしまいます。。

★くに様 ヒロキエ

1コマ目の写真のチーズは、当然すべてが
イタリアのチーズなのですが、まずは覚えておくべきは
ゴルゴンゾーラだけでOKだよ。
タレッジョもよく出てくるチーズだけどね。
あと「ペコリーノ・なになに」。
いろんなペコリーノ・チーズが産地別に
あるんだ程度に覚えておきましょう。





■GIRUSAMA 2007年6月 1日 (金) 08:04

超A級のお店でも、あんなに面白おかしく紹介してしまう!
まさに「ヒロキエ節炸裂」ですね~、今回のイラスト!
それにしても・・・「ねぇ~コックスちゃん」って(爆)
超A級も、何だか親近感が湧いちゃうんですよねぇ~!
そんでもってチーズの世界もまた奥が深いよ~ですねぇ~!
あんな名前、舌噛みそう(苦笑)

★GIRUSAMA ヒロキエ

超A級の店を紹介しても、脱線病が出るとこんな風に。
ずーっと普通の紹介をしていると、どう~も周期的に
ハチャメチャやりたくなってくるんだよね~。
マジメな紹介を期待していた人にとっては申し訳なかったな。





■ちはやまこと 2007年6月 1日 (金) 11:07

うわぁ、どのチーズの名前も覚えづらそう(´A`)
イタリア語って難しそうですよね(^_^;)
ところで、なんか『ゴルゴンゾーラ』って外国の妖怪みたいな
名前って いつも思うの、私だけですかね(^_^;)

★ちはやまこと様 ヒロキエ

ゴルゴンゾーラは村の名前なんだけど、
たしかに恐ろしい魔物のイメージがあるよね。
ゴルゴンはゴーゴンとも言って、
ギリシア神話に出てくる髪の毛が蛇ニョロニョロちゃんだもんなぁ。
んでもってドラクエ3のラスボスの名が、たしかゾーマだっけか。
こりゃー恐ろしく感じる名前の響きだわね。





■55aiai 2007年6月 4日 (月) 23:24

チーズってフランスの方が種類も多いし
AOC認定ものも沢山あるのですが、発祥はイタリアなんですよね。
色んなチーズがあって楽しそう!
ペコリーノは塩辛くなかったですかー!
私は先日食べたフォンティーナというチーズが好きでした!
聞き間違いって発想の豊かさなのかしら。
「トカチビール」って・・・笑


★55aiai様 ヒロキエ

ええ、イタリアの方がチーズの歴史ははるかに古いっス。
「ロオジエ」のときと比べてみると、チーズの種類は少ないけど、
イタリアを代表する素晴らしいチーズばかりでした。
フォンティーナは、たしかDOPチーズでしたね。
ちなみにウブリアーコ・ロッソは酔っ払いの意味らしいです。







スポンサーサイト
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。