FC2ブログ
プロフィール

 ヒロキエ

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

初めてのフジツボ!

青森 秀寿司
青森県青森市堤町1-5-12 桑田ビル1F

11:30~25:00
年中無休


hidezusi1.jpg
hidezusi2.jpg



かなり以前からコメント欄で
「食いてぇ~!食いてぇ~!!」と
うるさく書いていた憧れのフジツボ

本日、青森への弾丸ツアー決行により
遂に食べることが出来ましたぁ~!

フジツボは青森以外では
あまり食べないという海産珍味
6~9月の間に食べることができます

青森市文化会館の裏手にある
この「秀寿司」さんでは
ランチタイムでも
フジツボを食べることが
出来るんですよ~


さて、遂に口にすることが出来た
フジツボ

そのお味は

カニのようでもあり

エビのようでもあり

ウニのようでもあるし

卵黄のようでもあります

これらが渾然一体となって
マイルドになった様な味わい

私が食べた3個のフジツボの内の1個は
さらにアサリのような風味がしました

とても美味しいです!

ホヤと比べると、フジツボの方が
はるかに万人受けする味だと思います

機会があったら、どなた様も
是非お試しあれ


フジツボはエビ・カニと同じ
節足動物の甲殻類に分類されるんですね
エビ・カニに近い味がするのは
当然なのでしょう


フジツボだけを食べて店を出るのも
「秀寿司」さんに申し訳ないと思ったので
握り寿司一人前も注文しました

念願のフジツボを初めて食べることが出来て
大満足の弾丸ツアーランチでした

でも、例によって
これだけでは終わらないんだけどね(笑)






■のむのむ 2007年7月11日 (水) 00:51

おぉ~。召し上がられたのですね、念願のフジツボ。
フジツボは未だ未知の存在ですが、
先っぽが似たカメノテは、和歌山で頂きました。
あれも甲殻類なんですよね。フジツボと近いのかしら?
「例によって」も楽しみで~す。

★のむのむ様 ヒロキエ

カメノテは甲殻類でフジツボの仲間らしいですね。
見た目がフジツボよりも、ちょいとグロいとか?
いいなぁ~カメノテかぁ。
次なるターゲットはカメノテだなっ!
和歌山と、あとどの辺りで食えるんだろうねぇ~?





■55aiai 2007年7月11日 (水) 02:01

青森って海産物は沢山あるのですが、
これはさすがにものすごい珍味ですねぇ。
いちご煮を食べた時にびっくりしちゃったんですが、
こちらは生っぽいテイストはあるんでしょうか?
茹でちゃうんですものねー。
でも黄色っぽいところがなんとなく
レアみたいに見えちゃって。。

★55aiai様 ヒロキエ

青森、夏場の珍味~最近では養殖も盛んだとか。
「秀寿司」さんに聞いたところによると、
フジツボは普通は茹でて食べるものだそうです。
“生”で食べられないこともないけど~、
と仰ってましたが、
今回は初めてなので、
茹でフジツボのみで満足しました。





■つきじろう 2007年7月11日 (水) 02:27

フジツボ弾丸ツアー!、しかも記事を即日掲載!!
お疲れさまです。築地でも
「フジツボ食べたいよぉ~」と
それはそれは大変な入れ込みようでしたから、
嬉しさもひとしおですね♪
かく言う私も未食なので、いずれ・・・☆

★つきじろう様 ヒロキエ

先日、一緒に築地仲卸で発見しましたよねフジツボ。
「秀寿司」さんに「これ塩茹でにして
食べるんですか?」と聞いたら、
「ただ茹でるだけ。塩もいらないねぇ」と。
茹でて簡単に食えるのですから、今度築地で買って、
自宅で食べてみてはいかがでしょう?
これはマジで美味しいですよ!





■salar 2007年7月11日 (水) 10:19

カナダのBC州バンクーバー島の名産でもありますが、
その殆どはポルトガル等南欧に輸出されているそうです。
形もGOOSENECK(ガチョウの首)
BURNACLEと称される様に、細長く5-6cm位だったような、
味はやはり甲殻類でした。
食感としてはタラバカニのフンドシ(
甲裏のお尻の部分の肉)に近い様に思えました。

★salar様 ヒロキエ

バンクーバーでは、フジツボが名産なのですか?
世界に目を向けると、やはり食べるところは食べてるんですねぇ。
今ちょっと調べてみました。
英語でバーナクル(Barnacle)というのは
フジツボとか、えぼし貝のこと。
グース・バーナクル(Goose Barnacle)というと
カメノテのことだそうですね。
ますますカメノテを食べる決意が固まりましたヨ!





■シゲ 2007年7月11日 (水) 10:46

福岡県佐賀県の有明海沿岸では、
フジツボだけでなくイソギンチャク、カメノテなども食べます。
特に有明海は、干潟が発達している為、変わった生き物が多く、
魚屋さんに行っても他では見たことないような魚が多く見られます。
ムツゴロウはそれらの代表ですが、
他にもワラスボ、クツゾコ、ウミタケ等等。面白いですよ。

★シゲ様 ヒロキエ

なんと福岡ではイソギンチャクを食うんですかい!?
うぅ~む、キモいけど食べてみたい。
ホヤを食べない代わりに、凄いもん食うんですねぇ。
ムツゴロウはさすがに食べたことありますが、
ワラスボは食べてないんですよ。
憧れのエイリアンです。





■ぶれいぶ 2007年7月11日 (水) 11:31

ついに念願のフジツボを食べられたのですね♪
今は時期的に無理かもしれませんが、
ぜひともたらの白子刺しも食べて、
ご意見をいただきたいものです。
カメノテは島根の隠岐の島と長崎の五島で食べてました。
隠岐では味噌汁とゆでたものを食べていたと記憶しています。
何せ私は食べられないもので・・・

★ぶれいぶ様 ヒロキエ

たらの白子は銀座のとある店で、
一度刺身で食べたことあるんです。
六本木のふぐ屋さんで「白子づくし」を食べたときにも、
ちょいと“生”で食べたりしました。
白子は、あんまり量をたくさん食べると、気持ちわ…。
ぶれいぶさんはフジツボは食べれたんですよね。
カメノテは、体が受け付けませんか?





■早坂 2007年7月11日 (水) 12:27

フジツボですか~!大きいですね!
身をほぐしたところは白菜の芯みたい。
神戸では市場で安価に亀の手が売られているようですが、
漁師のおかみさんたちがヒマを見つけては
マイナスドライバーで取っているものだそうで・・・
フジツボもそんな感じで商業ベースに乗らずに
収穫されているものなのでしょうか・・・?
カニと海老とウニとアサリと玉子の黄身のような味だなんて!
美味しいものずくめではないですか!!

★早坂さま ヒロキエ

フジツボは本当に美味しいとこどりです。
何せカニ・エビを越えた味ですからね。
ウニのような風味もありますし。
ホヤのような強烈なクセが無いのもエエです。
神戸でも食べられる店が見つかるとイイね。
たぶん早坂さんなら気にいると思いますヨ。





■くに 2007年7月11日 (水) 12:30

青森で、しかも6~9月の間だけ
食べれるって厳しい条件ですね。
僕は見た目で食べれなくなることが多いので、
これはムリかもしれません・・。
弾丸ツアーいいですね!
僕もたまには地方ネタをやってみたいです。

★くに様 ヒロキエ

視覚に訴えてくるものも大事だもんね。
ホヤは見た目にも「何だこれっ?」って感じなので、
食べるのに勇気が必要なのかもしれないけど、
あのオレンジ~色というのは、
食欲を刺激する色でもあるので、
あの色で食べれる人もいるかもヨ。
フジツボは殻から身を出してみると、
きれいな黄色をしているので、
食欲も湧くと思うんだけどね。





■youchang 2007年7月11日 (水) 13:00

フジツボやカメノテは宇都宮の笹寿司でも食せます。
海無し県ですがここの大将の心意気で
美味い物仕入れているようです。
ソース焼きそばを食べに来たついでにどうぞ!

★youchang様 ヒロキエ

たしかに教えていただいた「笹寿司」のHP。
「お品書き」を押すと画面一番上の写真、
左から2番目のフダに「ふじつぼ」と書かれてありますね。
しかも「ふじつぼ焼き」ちゅうもんがあるやおまへんかぁ!?
餃子の街、宇都宮には随分とエエ店があるんですね。
チェックしておきます。





■ちはやまこと 2007年7月11日 (水) 13:38

おおっ、遂に青森に行かれたのですね♪
私は青森に行ってもフジツボ食べた記憶がないのですが(^_^;)
見た目の割には美味しそうですね♪
その後の青森食べ歩きも気になります(^O^)

★ちはやまこと様 ヒロキエ

フジツボは見た目だけで敬遠してしまっては、
大~きな損をしまっせぇ~。
とっても美味いんだぜ~。
次回、青森へお越しの際には是非とも、
美味しい~フジツボを食して下されや。





■蓮花 2007年7月11日 (水) 21:35

フジツボ、大きいですネェ~。
よく船の底についているフジツボとはまた別なのかなぁ?
土地柄、貝はよく食べるけどフジツボは
初めて聞いたのでびっくりです。
中身が黄色というのも意外でまたびっくり!
念願のものが食べられて良かったですね(笑)

★蓮花さま ヒロキエ

「牡蠣の拾い食い」で物議をかもし出した蓮花さん。
フジツボは食べませんか?
今度、海へ出て、岩にくっついているフジツボを
パックンチョして下さい(笑)
ブログネタとしてイイでしょう~♪
伊豆地方には食べる習慣がある地域があるらしいですよ。





■巽 2007年7月11日 (水) 22:16

フジツボ食べられるとは聞いてましたが
こんななってるんですねー。
「旨そうじゃないなあ」と思ってましたが
こんなふうに剥かれたのを見ると……♪
そういえばフジツボで調べてたら「フジツボの養殖法」
という特許が出て来ました。取得者はあのマルハ。
特許て何でもアリやなあと思ってしまった次第です。

★巽さま ヒロキエ

マルハ株式会社って非上場なんですよね。
すんごい会社です。
マルハ系列のレストラン・ワンダーランドのどこからか、
フジツボ料理を出してくれるようになるとエエですなぁ。





■ロレンス 2007年7月12日 (木) 00:25

青森弾丸ツアーですか!
おおぉ、フジツボ、ですか!
私も食べようと思っているんですよヾ(^o^;)
青森市文化会館、昔仕事で行ったことあります。
その時に一緒に仕事した人に連れて行ってもらった横浜町で
食べたナマコは、今まで食べたナマコで最もおいしかったです。
ちょっと昔を思い出しました。

★ロレンス様 ヒロキエ

青森へ行ったらフジツボでもナマコでも、
ガンガン食べて下さい。
カメノテもチャンスがあったら食べて下さい。
あとイソギンチャクも(笑)





■abuyasu 2007年7月12日 (木) 07:43

弾丸ツアー!お疲れ様でした。
フジツボは未食ですが、
ホヤよりうまいなら食べてみたい!
ところで、フジツボスープはないんですか?(笑

★abuyasu様 ヒロキエ

3コマ目の「汁も飲み干しましょう」が、
「フジツボスープ」ですねん。
でもさすがに“生”のスープはどうなんだろう?
フジツボくんは、ホヤちゃんの様な、
強烈無比なクセは全く無いので、
誰もが食べられると思いますヨ。





■takapu 2007年7月12日 (木) 09:25

ども、昨晩はチーズフェスタを弘前で堪能して、
宿に戻ったらバタンキューしてしまいました…
私も今晩フジるのですが、そこでどんな形で出てくるか楽しみです。
フルコースならぬフジコースでも歓迎です(笑)。
ところで、お鮨のほうはいかがでしたか?
秀寿司は、仕入れルートがちょっと独特だという
話を聞いておりますが。

★takapu様 ヒロキエ

私もこの記事を参考にして突撃いたしました 
でもいくら変なもの好きな私でも、
最初はオーソドックスに食べたかったので、
「フジツボ軍艦」や「フジツボ丼」はまた次回の宿題に。
寿司は…ぼたん海老の甘みが印象に残りました。
いよいよ今夜、七つのヘェ~でフジツボ初食ですね!
楽しみだね~。





スポンサーサイト



カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示