プロフィール

 ヒロキエ

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山形・遊佐町の岩牡蠣を食べる会

yuzagaki.jpg




山形県遊佐町(ゆざまち)の岩牡蠣

基本的に牡蠣は
冬が旬の食べ物ですけど
山形の日本海側の人々にとっては
牡蠣=岩牡蠣で
夏の食べ物という感覚なんですね

今は乱獲を防ぐために
一度の漁で採る個数も
一人500個までと決めているそうです

この特大天然 岩ガキは
チョ~美味かったぁ!
4個もいただいちゃったけど
もっともっと食べたかったなぁ



この特大岩ガキを頬張って、
まるで餅が喉につかえたように苦しみ
のたうちまわっていた
クマ二郎の姿が印象的
本当は牡蠣が苦手なのによく食ったよ!
涙流しながら食べる図は
見るに耐えないものだったが(笑)

同じく生牡蠣が得意ではない築地王
「あ、これなら大丈夫」と1個だけ食べた

今回、誘ってくれた
ぶれいぶ氏も牡蠣が食えない人
少しかじってみて
「やっぱりダメだぁ」と断念

皆、本当に牡蠣が苦手なんだね
よく頑張ったな!

って、私を除いて
何で牡蠣を食えないブロガーばかり
に声をかけたんだろう?
まるで罰ゲーム大会みたい



もう一つ
このパーティーで不思議だったのが
参加者の3分の2位が
地元・遊佐町の人だったこと

いつも岩牡蠣食べている人たちが
我先にと岩牡蠣に群がって
バクバク食べてたけど
それじゃ意味ないんじゃないの?

遊佐の岩牡蠣を知らない東京の人たちを
もっと大勢呼んで食べてもらわないと

そんなこんなで
いろいろと首をかしげたくなるような
牡蠣パーティーでした
まぁ私は変なことが好きなんで
楽しかったけど(笑)






スポンサーサイト
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。