プロフィール

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新橋 鮎正

新橋 鮎正
移転後の新住所

港区新橋4-21-14

月~金 17:00 ~ 22:00
土 17:00 ~ 21:00
定休:日曜・祝日・6~10月以外の第2第4土曜
旧住所:港区新橋 4-17-5




ayumasa1.jpg
ayumasa2.jpg
ayumasa3.jpg
ayumasa4.jpg


新橋 「鮎正:あゆまさ」

水質の良い 島根県高津川の
天然鮎を使うコース




ayumasa5.jpg
ayumasa6.jpg


10月の「鮎正」は
「鮎の生炙り」を頂くことができます






■takapu 2008年9月16日 (火) 00:10

あぁ…ここは、再開発がらみで移転うんぬんと
いわれているお店じゃありませんか。
とにかく、うるかを一度口にしてみたいです。

★takapu様 ヒロキエ

よく知ってるね。
女将さんの話だと「来年いっぱいは、この地で頑張る」と。
今年いっぱいの間違いではないのかね?
(2009年8月末まで)
次の移り先も、もう決まっているそうだよ。





■lara 2008年9月16日 (火) 00:24

あゆのうるかは、母の好物であります。
子供の頃は味がわからずに、なんだか苦手な
食べ物のカテゴリーに入っておりました。
今食べたらどういうかんじだろう。。。
移転しても生き残ってゆくのですね,こういう希少なお店は。
あゆ、は今が旬なのでしょうか?
あの苦みが懐かしいです!

★lara様 ヒロキエ

laraさんはお酒が飲める人だから大人になった今
「苦うるか」を食べたら、きっともの凄く気にいることでしょう。
私は食べた後に残るシビれるような感じと、
クチの中に膜がベタッと貼りついたような
奇妙な感覚になるのは、ちょっと怖かったです
10月には「子持ち鮎」が食べられるそうです。
そして10月いっぱいで鮎はお終いだとか。


■lara 2008年9月16日 (火) 01:35

うっわ!!今紅茶に蜂蜜入れて飲んでいるんですが,
ヒロキエ様の表現を読んだとたんに。。。。
古い記憶がむっくりと起き上がりました。
そう、ベタッと、膜が張ったような。。
それで、塩の結晶も時々舌の上で感じられたような。。。
どちらにしても紅茶にはヘンでございますっ!
もううるかが口の中にあるような気分です~。
10月いっぱいが旬ですか。
あゆづくしのあとに、梨を食べてお月見したいですね。

★laraさま ヒロキエ

うるかの後味は独特ですよね。
口の中に膜が張って取れなくなるんじゃないか?
という恐怖感がありましたよ。
シビれるような感じは、たぶん山椒?が
入ってるからかもしれません。
前菜で鮎の腹に山椒を詰め込んだものが出てきて、
味が少し似ていましたから。


■lara 2008年9月17日 (水) 00:39

なるほど、山椒ですか。
私にとっても味覚は大事な感覚ですから,
『恐怖感』とおっしゃるのがとても良くわかる気がします!
この強力うるかを使っての料理もあるのですね
ただただ圧倒されてますー。

★lara様 ヒロキエ

「うるか茄子」の方は、甘くマイルドな味わいになっているので、
誰もが食べやすい感じの仕上がりかな。
「にがうるか」は、うわっ!味覚を破壊されてしまった!!
はたしてこの状態は回復するのだろうか!?
ってな感じの恐怖感が迫ってきましたよ。





■ふりっぱ~ 2008年9月16日 (火) 07:30

おぉ~懐かしの鮎正ではないですか!
そうですよね、何年か前からコースしかやらなくなったんですよね。
鮎御飯にたどり着く前に、お腹一杯になった記憶が懐かしいです。

★ふりっぱ~様 ヒロキエ

お~その様子からすると、かなり以前に
「鮎正」へ行った経験がおありなんですね?
私は今回が初めての「鮎正」突撃なんです。
昔はアラカルトな注文もOKだったんですか。





■くに 2008年9月16日 (火) 08:21

都内でこんな鮎が食べれるんですねえ。
僕も京都で鮎を食べてきましたが、どれも小ぶりで美味しい鮎でした。
にがうるか、酒飲みにはたまらん味でしょうね。
これにどんな日本酒を合わせるか考えてしまいます^^;

★くに様 ヒロキエ

京都で鮎を食べてきただと?
ふん、生意気な野郎だな(笑)
うるかはキサマの様な飲兵衛が食べてこそ!の珍味かもしれん。
ウーロン茶を飲みながらではイマイチ、サマにならぬようじゃ。





■あな 2008年9月16日 (火) 09:15

天然鮎づくしなお料理が楽しめるなんてステキ☆
鮎って季節を問わずいつでも食べられるものなんでしょうか?
鮎の塩焼き、頭からしっぽまで丸ごと食べられるのが嬉しいですね。
夢酢というのはカボスかスダチで作るのかしらん!?

★あな様 ヒロキエ

鮎が解禁になるのは6月だけど、急速冷凍の鮎があるかんね。
一応、1年中食べられる店もあると思うよ。
ここ「鮎正」で鮎が食べられるのは6~10月だけど。
蓼(たで)酢は、「蓼食う虫も好きずき」の
辛い蓼の葉をつぶして米酢で溶いたものなんよ。
これは以前の私の記事「招福楼」にも出ています。
いけね、真面目なレスしちゃった・・・





■マスッチ 2008年9月16日 (火) 14:35

都内唯一の天然モノの鮎のお店ですか~!
高級そうですねー
にがうるかをツマミながらお酒飲みたいですねー

★マスッチ様 ヒロキエ

私も一口くらい日本酒飲めば良かったかな?
次回「にがうるか」を口にするときは、
酒と一緒に頂いてみるぜ。
ここは高額支払いだけど、店自体は
赤ちょうちんみたいな雰囲気で親しみ易いよ。





■早坂 2008年9月16日 (火) 23:58

丸い看板が、中秋の名月に見えました。
櫻正宗を人肌でやりながら食べたくなるお料理ですね。
このコース。にがうるかが確かにキモのようですね。
ここがクライマックスですよ・・・きっと

★早坂さま ヒロキエ

あれ?早坂さんは下戸じゃなかったっけ?
言われてみると「鮎正」の看板が、お月さんみたいだね。
う~ん、何だか1コマ目の写真って、ラーメン博物館みたい(笑)





■wa!! 2008年9月17日 (水) 00:33

わー、ヒロキエさん!
ボクも「鮎正」行ってきたばかりですー!
日本一の鮎好きフードライターM脇K子さんと!
彼女、塩焼きばっかり8匹食べて今年合計175匹!
目標は初の年間200匹の大台だって!
イチローと勝負だーーー!(笑)
うるか茄子+ごはん、サイコー!
要事前予約、一日一組の「おじや」もサイコー!
今もアラカルトもOKだと思いますよ~(たぶん)


★wa!!様

え~森W慶Kさんって、今年175匹も鮎食べてるんですか!?
もう体臭は鮎臭なんじゃないですか?(笑)
アラカルト注文もOKですかね?
たしかにカウンターに座っていた常連らしき男性客は、
コースを食べていなかったような気もします。
私がそんな風に食べるようになるのは、
まだ当分先のような気がしますヨ。
次回は「おじや」も食べてみたいな~。
あと今回は食べられなかった「背越し」も。





スポンサーサイト
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。