プロフィール

 ヒロキエ

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青森・黒石焼きそば 藻川屋

青森・黒石 たいやき 藻川屋
青森県黒石市甲徳兵衛町22-6

7:00 ~ 18:00
無休



aomorikuroishimogawa.jpg



ラーメン食べ廻った 弘前から移動して
焼きそばの街 黒石へ

太くて平たい麺の黒石焼きそばを
食べることができる店は
黒石市内だけで、60店以上もあるそうな

まず 「藻川屋:もがわや」
肉野菜入り焼きそば(400円)と
焼きそば(300円)の2種類を注文

蓮花さんの記事の写真では
さらにゴウゴウと凄い強火で
焼きそばを炒めているのを観ることが出来る
おお~しっかりと鯛焼きも注文してるなー
(^^)

黒石焼きそばを食べるのは
昔は不良学生が多かったそうだ
真面目な学生は食べない代物だったらしい

そういう食べ物が
今や街起こしのツールとして
力を発揮し始める…

町の不良が、大人になって立派に
社会貢献していくような話だね





■mami 2008年10月20日 (月) 01:31

藻川屋の具のない焼きソバ、
私メチャ食べたいです~!!
具がない方が嬉しいです(笑)

★mami様 ヒロキエ

焼きそばは具がない方が嬉しいの?
食べ比べてみると分かるけど、
肉&野菜が入るとどんだけ美味くなることか…(笑)
「藻川屋」はもう一度、じっくりと落ち着いて
訪れてみたい風情あるお店です





■早坂 2008年10月20日 (月) 09:54

やっぱり火力なんでしょうね!
聞いた話によると業務用は最低でも家庭用の2倍は
あるそうで同じレシピでも家庭では同じ味がでんそうじゃ~・・・

★早坂さま ヒロキエ

「藻川屋」のオイチャンは長年連れ添った奥さんを
昨年亡くしたそうです。
一人になって、やっぱり店の仕事が大変になったみたい。
後継者もいないので、将来的には
店をたたむそうで…淋しいよね…。





■蓮花 2008年10月20日 (月) 13:43

さすが!ちゃ~んとカゴメソースを入れてる
証拠を押さえてますねぇ
しかし何人前であの業務用カゴメソースを
使い切ってしまうのか・・・。
ノーマルと肉入り、2皿共オーダーされてる
ところがステキです

★蓮花さま ヒロキエ

カゴメソース注入写真は蓮花さん、
あなたのために撮ったのですっ!
これで蓮花さんの記事が嘘ではないということが
証明されたでしょっ(笑)
昔、黒石焼きそばは子供のオヤツだったそうだね。
新聞紙の切れ端に焼きそばを乗せて
5円10円で売っていたらしい。
駄菓子屋さんで売るオデンみたいな
感じだったんだろうね





■Kuu@まるごと青森 2008年10月20日 (月) 16:41

2店舗3種の焼きそばをお食べになったんですね。
黒石はあちらこちらに
焼きそば屋さんに出会えちゃいますよね!
それにしても黒石の焼きそばはクセになる太さですよね。
味もなんだか懐かしいし・・・。
記事を拝見していて、黒石焼きそば巡りが
したくなっちゃいました(笑)

★Kuu様 ヒロキエ

黒石は名前に「黒」の字が入っているので、
黒っぽい焼きそばをイメージしてしまいます。
いっそのこと、もっと麺の色を黒くしちゃったら
どうだろう?とか思ってしまいました。
そういえば最近、黒石で
黒いそばを作ってみたそうですね。





スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。