プロフィール

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新橋 末げん

新橋 末げん
港区新橋 2-15-7 エスプラザビル1F

11:30 ~ 13:30 / 17:00 ~ 22:00
定休:日・祝(土は不定休)



suegen1.jpg
suegen2.jpg


という訳で、もちろん
鳥鍋も良かったのですが
バイペイユ(晩白柚)の菓子に
大喜びした「末げん」ディナーでした



新橋 「末げん」(すえげん)は

1970年 陸上自衛隊市谷駐屯地で籠城し
バルコニーから演説した後
割腹自殺をして世間を騒然とさせた作家
三島由紀夫が
最後の晩餐をした店として有名です





■romy 2009年2月16日 (月) 01:00

うわぁ~☆末げんの夜の部!
初めて見たかも・・・(笑)。
私はランチのかま定食しかいただいたことがないのですが、
夜の部はやはりおいしそうですね!
それにしても、「バイペイユ」って珍しいですね~♪

★romy様 ヒロキエ

本当は鍋でグツグツやってるところを
見せてあげたかったんだけどね。
残念ながらこの部屋の入り口近くのテーブルに
ガスコンロを置いて、女将さんと仲居さんが
すべてやってくれちゃいました。
まぁ面倒くさがり屋の私にはありがたかったんだけどね。
やっぱり鳥鍋よりも珍しいバンペイユに気持ちが動いちゃいました。





■はーるん 2009年2月16日 (月) 01:22

子持鮎、私も好物です!
この時期の鮎、珍しいですね。甘露煮ですか?
ただいま、過去の記事のコメントやコメントレスを読んでいます。
もう、楽しすぎて睡眠時間が削られてしまいますよ~
ブログをしていない私ですが、
これからもコメントしていっても良いでしょうか?
みなさんのブログを拝見していくうちに私もブログを始めたくなりました

★はーるん様 ヒロキエ

そうです。子持ち鮎の甘露煮です。
夜の部の料理として一番気にいりました。
ブログは是非やってみて下さい。
いろいろと得るものは多いですから。





■まさぞう 2009年2月16日 (月) 02:04

「かま」定食は普段からあんまり噛まない私でも
流しこめる安心な(?)親子丼なのですね。(自爆)
そして「バイペイユ」の実の部分ではなくて、ふわふわのあの部分を
使ったおいしそうなデザートに興味をひかれまくりです。

★まさぞう様 ヒロキエ

この親子丼は本当に生玉子かけご飯みたいに
ズルズルッと流し込めるんですよ。
まさか、まさぞうさんはステーキでもなんでも流し込んでしまうとか?
皮のフワフワ部分を使うお菓子なんて珍しいよね。




■ぬら 2009年2月16日 (月) 02:54

何故に「敬天愛人」が?鹿児島の方のお店でしょうか
それとも、西郷翁の大フアン?(笑

★ぬら様 ヒロキエ

「敬天愛人」をパッと読めちゃうなんて、
ぬらさん只者ではないですね!
仰る通り南洲翁こと西郷隆盛が好んだ言葉です。
この「敬天愛人」の書を書いたのは鳩山一郎氏。
総理大臣になったとき、「末げん」の先々代の
ご主人に送ったものだそうです。





■lara 2009年2月16日 (月) 05:19

鶏肉がひき肉、ちょっとした違いだけど、斬新ですねー。
食感、歯ごたえって味まで違って感じますからね!
バンペイユに大喜び出来る、ヒロキエ様のような心を
三島由紀夫さんが持っていたら、、
刹那的な美を完成に近い形にする事は無かったかもしれませんが、
演説や理想論よりも目の前の人生を楽しんだ事でしょうね。。。
ファンの方々すみませんっ!!

★lara様 ヒロキエ

食べるというよりも流し込む親子丼。
私も初めて食べました。
三島由紀夫氏は、私の記憶によれば…
日本が堕落していった根本原因は、真の武士の魂が
残されている自衛隊を違憲状態において、防衛問題をないがしろに
してきたゴマカシの法解釈にあると訴えてきました。
武士道を規範とする彼にとっては、欺瞞の中に生きるのは
「醜」であり、義のために死ぬことが「美」であったのでしょう。
しかしこれは結局はナルシシズムではないのか?
生きて何を成し遂げるかの方が大切ではないか。
あ、食い道らしくなくなってしまいました(^^;
何だかんだ書きましたが、文学者としては私は三島も、
また対極にあるといわれた太宰も両者とも好きでしたよ。





■ロレンス 2009年2月16日 (月) 08:07

「末げん」って駅のすぐそばなんですね~
とろとろ(どろどろ?)の親子丼はよく見掛けるけど
夜のコースは初めて見ました。
「わ」がなんで鍋コースなんでしょうね?
あとは「を」と「ん」のコースしか残らないような…

★ロレンス様 ヒロキエ

そうそう、あのSL広場から近いですよ。
有名店なので、ランチはなかなか賑わっています。
「わ」のコースの命名は、三島由紀夫の最後の晩餐に
給仕した女将さんに、帰りがけ伺ってみました。
「和」から名付けたそうです、ただそれだけ(^^)
日本の精神ですわね。





■かりん☆ 2009年2月16日 (月) 09:05

お昼の親子丼もすごくおいしそうです。
ぜひいただいてみたいですが、
夜のシャモも焼き鳥・・も、バイペイユ(晩白柚)も
いただいたことがないのですごく気になります。

★かりん☆様 ヒロキエ

親子丼の挽肉は、合鴨、軍鶏、地養鶏の
3つが混ざっているそうです。
なかなか豪華な挽肉なんですね。
どこかにバンペイユのパフェがあったら、
絶対にパフェラッチ!だね





■あな 2009年2月16日 (月) 10:12

400万PV突破、おめでとうございまーす!
バレンタインの日にいい記念になりましたね☆
ところでこちらのお店、
鶏の挽肉で作る親子丼って美味しそう!
一度食べに行かなくちゃ。
そして夜もとっても楽しそうですねぇ・・・
子持ち鮎は甘く煮てあるのでしょうか?
デザートのバンペイユ、いつも八百屋さんで見てるだけでした。(笑)
食べてみたいけど、未だに買う勇気がありません・・・
グレープフルーツみたいな味ですかね!?

★あな様 ヒロキエ

400万PV突破の記事、よくぞ見つけたね。
あまり気づかれない様に、ひっそりと書いておいたのに(笑)
ランチタイムは親子丼の他にも、から揚げ定食とか、
たった揚げ定食もあるのよ。
とりかつ定食もあったんだけど残念ながら現在はやっていないとのこと。
カツ豊富な新橋だから、チキンカツは復活してもらいたいけどね。
子持ち鮎は甘露煮ですが、もの凄く甘いという訳でもありません。
穏やかな味付けがとても良かったよ。
何、バンペイユが八百屋さんに!?
今度それ買って来てくれよ~!!





■マスッチ 2009年2月16日 (月) 11:11

三島由紀夫が自決前夜に「楯の会」のメンバーと
食事をした店だなんて。。。興味深いエピソードです。
それにしても三島由紀夫氏は結構豪華な食事をしていたのですね。
ランチの親子丼なら手が出そうです!

★マスッチさま ヒロキエ

三島由紀夫はこの「末げん」が日ごろから大好きだったそうだよ。
他にも原敬元総理とか著名人が愛した店だそうです。
ランチメニューの中では「から揚げ定食」が良さそうだった。
1,470円と、ちょいと値がはるけどね。





■くに 2009年2月16日 (月) 12:18

親子丼も夜のコースもいいですねえ。
今バタバタしているので、落ち着いたら食べに行きたい店です。
なぜ「わ」なのかも、興味深いところです。

★くに様 ヒロキエ

「わ」についてはロレンスさんへのレスで書いたので、
何故、親子丼を「かま」と呼ぶのかについて。
昔から「鍋釜」という一括りの言葉があるけど、
夜の部は「鳥鍋」の「鍋」。
ならば昼の部のメインは「釜」ってことで、
ウリの親子丼を「かま」と命名したそうな。





■つきじろう 2009年2月16日 (月) 18:26

あな様のコメントでびっくり☆、400万PVおめでとうございま~す♪
今回の記事にひかれて、今朝は親子丼のハシゴでした(笑)
ところで三島由紀夫氏の最後の晩餐が鴨の鍋でしたか。
そういや「失楽園」で主人公2人が最後に食べるのもカモ鍋。
あと、ある漫画でヤクザ同士が最後の晩餐に作って
食べるのがカモ肉の治部煮でした。
・・・うーん、なにやらカモ鍋には人生の最後にふさわしい、
と思わせる何かがあるのかなぁ。

★つきじろう様 ヒロキエ

ありがとうございます。
つきじろうさんも300万PVおめでとう!
>カモ鍋には人生の最後にふさわしい、と思わせる何かがある…
なるほど。死神がカモ~ンと呼んでるとか(^^)
つきじろうさんなら最後の晩餐に選ぶのは築地鳥藤の
「青森シャモロックすき焼き」か「水炊き」でしょ?





■shun325 2009年2月16日 (月) 20:37

うおお。記事リンクありがとうございます^^
この親子丼、喉越しがたまらないですよね~!
自分でも真似して作ってみようかな?
夜のコースはこんな感じなんですか~!
しかもバンペイユなんて、初めて聞きました。
どんな味なんだろう...!?


★shun325様 ヒロキエ

親子丼で「喉越し云々」の話になること自体オモロイよね。
たしかに自分でも作れそうな気がしないでもないなぁ。
夜のコースには天麩羅コースもあるんだけど、
やっぱりせっかく「末げん」に来たのなら鳥鍋だね。
あといろいろな料理コースは金額によって
出てくるものが増えるというスタイルです。
バンペイユ、私も果実をしっかりと食べてみたいですよ。




スポンサーサイト
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。