プロフィール

 ヒロキエ

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六本木 龍吟

六本木 日本料理 龍吟
港区六本木7-17-24 サイド六本木ビル 1F

18:00~22:30(LO)
定休:日・祝・夏期・年末年始

龍吟のHP



ryugin1.jpg
ryugin2.jpg
ryugin3.jpg


ワインボトルに入ったお茶
ロイヤルブルーティー 3種類



2ryugin1.jpg
2ryugin2.jpg


日本料理 龍吟
自由な発想から生まれる斬新な料理の数々



3ryugin1.jpg
3ryugin2.jpg


液体窒素で凍らせた
リンゴ果汁のシャーベット

けして他では味わえない口当たりの
デザートです



3ryugin3.jpg



4ryugin.jpg


「龍吟」、山本シェフの奥さまから
送られてきた更に詳しいメニュー名は



海老芋“貝尽くし”
干貝柱の出汁で炊き上げた
海老芋とネギ油を絡めた
浅利、蛤、むし鮑の熱々仕立て


北海道“散布”の極上うに
干海老出汁のジュレを絡めた
冷製茶碗蒸し仕立て


龍吟名物
北海道余市の“あん肝”ぬた和え


4ryugin2.jpg


引き立て一番出汁への想い
山陰のタグ付き“松葉蟹”の身蒸椀
焼蟹仕立て
身蒸=真薯=しんじょ


龍吟アトリエの“カラスミ”
柚子大根と共に


白甘鯛の炭火焼き
ぶぶ漬おろしと共に


4ryugin3.jpg


鹿児島県出水の
むそう網で獲らえた“真鴨”
一皿に込められた“冬物語”




5ryugin1.jpg
5ryugin2.jpg
5ryugin3.jpg


「代白柿」については
こちらのサイト
に詳しく書かれております



2010年8月
6ryugin1.jpg


正式な献立名 上から

“枝豆”を絡ませた
熊本県天草の夏野菜“緑竹”
“新生姜”の香りを添えて



北海道 函館の“極上うに”
“焼きとうもろこし”仕立ての
冷製茶碗蒸し
揚葱をふりかけて



6ryugin2.jpg


引き立て一番出汁への想い
朝〆“鱧”の葛叩き椀
“賀茂茄子揚”をくるんだ夏仕立て
青柚子と順菜を散らして



茨城県日立産
夕方〆の“アイナメ”と
燻し“鰹”のお造り
洗い海苔を添えて



7ryugin1.jpg


正式な献立名 上から

シェフ山本 夏のスペシャリテ
“泳がし鮎”の炭火焼
涼しげな演出と共に
“すいか”を使った
龍吟名物“紅蓼酢”を添えて



「うねり串」「踊り串」
というよりも、まさに
「泳ぎ串」といった感じがします


「泳がし鮎」
3つの条件

1 直前まで生きていた鮎を使う
2 鮎は16cm以内のサイズを使う
3 備長炭で焼きあげる


スイカを使った、たで酢は
苦くなくて親しみやすい味



7ryugin2.jpg


“温”と“冷”の三品

“煮アワビ”“白ズイキ”“揚空豆”の
熱々生姜あんかけ

“瑠璃色茄子”の冷製仕立て
“白海老”のジュレを流して

“イチジクフォアグラ”
茗荷の胡麻ソースと共に


イチジクフォアグラは
一口でどうぞ!
と、勧められました


琵琶湖産“天然大鰻”の炭火焼
“ジンジャーオレンジ”を添えて


1kg以上のウナギを使うのが条件

力強い皮の食感と
ぶ厚い身を楽しみます


7ryugin3.jpg


“早松茸の炊き込みご飯”と
岩手県産“黒毛和牛”の炭火焼
“芝海老出汁”の赤出汁と共に


海老味の赤だし味噌汁のお蔭で
食がグングン進みます


“和三盆”仕立ての
“フルーツトマト”
徳島の“すだち”と“和三盆”の
シャーベットと共に
すいかのジュースを添えて


すいかジュースの甘さが
郷愁を誘います


熱々仕立ての 龍吟パフェ
第八作 “桃と蘇”


このパフェについての
詳しいことは
パフェラッチ!


ハモ、アユ、ウナギ…
“夏”の「龍吟」は
特に楽しいです!!


2011年7月
roppongiryugin1.jpg
roppongiryugin2.jpg
roppongiryugin3.jpg
roppongiryugin4.jpg
roppongiryugin5.jpg


正式な献立名 上から

“焼とうもろこし”の
温かな茶碗蒸し仕立て
生のままの
“ゴールドラッシュ”を散らして


北海道産“生うに”と
干海老出汁のジュレ
“白ズイキ”と“焼松茸”の
さわやかなお浸しを添えて



引き立て一番出汁への想い
朝〆“鱧”の葛叩き椀
“賀茂茄子揚”をくるんで
青柚子と茗荷を散らして


お造り
鳴門産“真鰈”・アオリイカ
藁で燻した“鰹”の土佐造り



シェフ山本 夏のスペシャリテ
“泳がし鮎”の炭火焼
涼しげな演出と共に
“すいか”を使った龍吟名物
“紅蓼酢”を添えて
鮎は
アタマは唐揚げ
ハラは塩焼き
尾は干物
のように焼き上げます



ほっと一息 “おでん!?”
日本料理の進化と可能性に
優しさを求めて…

夏に「おでん」を食べるのが
大好きな私にドンピシャ嬉しい
ひとひねりメニュー
鶏スープのおでんです
松の実味噌と柚子味噌付き
とろ~りとした「うずら卵」から先に
お召し上がり下さい
とのことでした



黒毛和牛“フィレ肉”のパン粉揚げ
温度玉子と共に


シェフ山本 夏のスペシャリテ
全国各地より送られてくる
“天然大鰻”の炭火焼
本日の御飯 海老の赤出汁



roppongiryugin6.jpg
roppongiryugin7.jpg



オマケ:卵かけ御飯

ryugintamagokake.jpg




スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。