プロフィール

 ヒロキエ

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本場 三ッ星フレンチ「ル・ブリストル」で ディナー

bristol1.jpg
bristol2.jpg
bristol3.jpg
bristol4.jpg
bristol5.jpg


あなたが女性だったら
どう思います?



一度も会ったことがない

うひひのオジチャンと

いきなり

パリの三ツ星レストランで

二人きりのディナーへ行け!!

と言われたら…




このGinger総統の
恐ろしくも、しょうもない企画に
不安いっぱいながらも
応じてくれたのが
ロンドンから駆けつけた
心優しき美女

nori さん

お蔭様で「ル・ブリストル」
私としては、とっても楽しい
ひととき(5時間!)を過ごすことができました
うひひひひひ


今回、 長くなるので写真を入れなかったデザートは

nori さんの記事で





■早坂 2009年7月 9日 (木) 00:39

チーズ当てクイズ~☆
青カビはペライユでっしょー!!
ヒロキエさんが5時間大丈夫だったのは!!
これはすごいことですよ

★早坂さま ヒロキエ

ぺライユをよく知ってるね。
あれはロックフォールに近いところで作られるチーズだけど、
青カビタイプではないのよ。
この皿に盛られているのは、もっとよく知られた青カビの2種類だかんね。
も1回チャレンジしてみるかや?
私が5時間大丈夫だったのは、noriさんが美人で素敵な女性だったからよ。
もっと一緒にいたいくらいだったんよ





■山P 2009年7月 9日 (木) 01:03

あぁ!憧れのル・ブリストルのパンではないですかっ!
それに味の想像がつかないアーティスティックなお料理。
そして魅惑のチーズ群。パリはお料理まで印象派のようですね(笑)

★山P様 ヒロキエ

パンが好きなんだね。
チーズを食べるときには、また種類の違うパンを出してくれました。
結構パクパク食べ過ぎたかも。
>パリはお料理まで印象派
うはは、特に「白アスパラガス」なんかそうだね。





■55aiai 2009年7月 9日 (木) 01:08

あー、びっくり。なんでこんなにお天気なんでしょ。
うらやましいです!笑
それにしてもブリストル、やっぱり素敵ですね。
チーズの多さにびっくり!
やっぱり三つ星はこれくらい揃えておいて当たり前なのでしょうね。
伝統的なフレンチという感じではなくモダンフレンチですね。
西洋わざび、ビーツ、アニスと香りや風味のものを
多様してるところがイマドキですね。

★55aiai様 ヒロキエ

なんせわちきは「照る照るオヤジ」と呼ばれているくらいなのでなぁ
チーズは食べたことないものもあったんだけど、
あえてお馴染みのものだけを選んで食べてみましたよ。
やっぱりフランスで食べたチーズの中では
最高の状態のものばかりでした。
そうそう今回の料理。
ミントを多用していたのが印象的でした。





■faites-meilleur 2009年7月 9日 (木) 01:25

チーズの品揃えが豊富ですね。
胃にスペースがあったら、チーズも頂いてみたかったな。。。
色合いや食感など楽しめるメニューですよね。
香りの強いものを使っているけど、強すぎずちょうど良い印象でした。

★faites-meilleur様 ヒロキエ

↑未だにHN読めませんの秘書OLちゃんはランチ行ったんだよね。
「ブリストル」のホテル記事、楽しみにしてます。
そうそう、こちらの料理は香りがポイントだったね。
書き忘れたけど、エノキ3兄弟までが前菜で、メインは鳩と鱈です。
noriさんとシェア食べしたので、これだけの種類のお料理を頂けました。





■KOZKOZ 2009年7月 9日 (木) 01:28

ウヒヒなおじちゃんとのディナー!?
ブリストルなら行きます!!
さすがいきおいのあるレストラン、五感で楽しむ美術鑑賞ですね。

★KOZKOZ様 ヒロキエ

ブリストルだったら行きますか?
相手が変態オジチャンでも?(笑)
今回、フランス語メニューを訳してくれて、かたじけない
ビストロ「シェ・ジョルジュ」は予想以上に美味しかったね。
三ツ星「ブリストル」は、あれとはまた違う立ち位置の美味しさでした。





■しずりん 2009年7月 9日 (木) 06:45

もっと重厚なお料理のイメージがあったら
すごくかわいらしい感じなのですね。
日本のトレンド同様
バターなどは使わない(もしくは控えめに)感じなのですか?
うーん・・・いつか行ってみたい!
パフェも楽しみにまってまーす(o^-^o)

★しずりん様 ヒロキエ

さすが、しずりんだね!
「ブリストル」をご存知とは。
私は今回の旅行がなかったら、知らないままだったかも
今回食べた料理の中では、バター風味を感じるものは無かったです。
バジルやサフランの香りに包まれて爽快感のあるフレンチという感じ。
そのためなのか濃厚な味のチーズがとても美味しく感じられました。
鳩が特に美味しかったよ。
写真中央がクリスピーな皮を乗せた足の肉で、両脇がヒレ肉。
ソースの中身はクランベリーと赤ワインです。





■lara 2009年7月 9日 (木) 08:22

ウヒヒ立候補。

★lara様 ヒロキエ

何、うひひを希望!?
承知しました。会ったときには、ねんごろにうひひを(笑)





■かなめ 2009年7月 9日 (木) 10:47

三ツ星レストラン。素敵ですね~(≧∇≦)
私は一人旅なので、ビストロばかりでした。
もちろん、ビストロ大好きなんですけど、いつか星付き
レストランもいってみたいものですc(>ω<)ゞ
前菜に目がくらみそうです(@@;
もう、食べたくて食べたくてよだれが・・・
お魚とかアスパラとか・・・夢にでてきそうです。
チーズ大好きなわりに名前が全然覚えられません(^-^;)
ミモレット、ゴルゴンゾーラ(ブルーチーズなんてこれくらいしかわかりません)、
山羊のチーズ(名前ですらないですね)、
エポワス(最近食べたから似てるかなって・・・)、ハードタイプは
パルミジャーノぐらいしか思い浮かびません(^-^;)
でも、名前わからなくても食べるのは大好きなんです!!
ワゴンでちょっとずつやってみたいです(≧∇≦)

★かなめ様 ヒロキエ

今回の旅行で印象に残ったのは、三つ星店もさることながら、
ビストロ料理の美味さでした。
時間があったら、あと何軒かビストロを廻りたかったです。
かなめさんのビストロ巡りが羨ましい。
チーズは気にいったものだけ、名前を覚えれば良いと思います。





■あな 2009年7月 9日 (木) 11:18

えのき三兄弟・・・(ぶっ
ワタシもパリのフレンチに行った時に、
ケーキのど真ん中にチョコレート棒が刺さっていて、
さらにその上にクランベリーが刺さっているという
見た目に大ウケしたデザートを食べたことがあります。
隣にいた地元の人もゲラゲラ笑ってたし。(笑)

こちらのレストランはとってもステキそうですね☆
魅力的な女性を連れて、美味しい食事を食べるヒトトキは
まさに食い道をゆく!の真骨頂かも♪
次の記事も楽しみにしてまーす!!!

★あな様 ヒロキエ

エノキ3兄弟みたいなサプライズ(笑)、私は好きです。

素敵な女性と食事を楽しむ・・・
うむ、このブログの新しいテーマにしょうかなぁ。
カテゴリ作ったりして(^^)

東京でもお馴染みのロブションとデュカスにも行ってみたかったけど、
やっぱりパリでしか食べられない店の方が行った甲斐あるね。





■nori 2009年7月 9日 (木) 15:57

どうも。noriです。あんな風に紹介されて・・・・恥ずかしい、、、。
パリではお世話になりました^^。
しかし私の”インチキ英語”でもなんとかなるのは、さすが3☆ですね(笑)。
どんなウヒヒなおじさまかと思いきや、
お話もとっても楽しいジェントルマン^^。
あっという間の5時間でした♪
「ブリストル」、味も素晴らしいけど、
それよりも洗練された完璧なサービスがとても印象的でしたね。
客を変に緊張させない余裕。遊び心のある気の利いたサービスが
とても心地よかったですよね。あれが3☆なんですね。
そんなこんなでリラックスしすぎて5時間も!(笑)
と~っても楽しいディナーありがとうございました~^^。
ご一緒できて嬉しかったです。チーズのことまた教えてくださいね!

★nori様 ヒロキエ

>あんな風に紹介されて・・・・恥ずかしい、、、。
うむっ!恥じらいを忘れぬ女性ってエエのう。

インチキ英語?いえいえとんでもございません。
英語がロクに話せない私は、noriさんのお陰でとっても助かりましたよ。

「ブリストル」では、noriさんが今まで苦手だった山羊チーズの克服に
挑んだのが印象に残っています。
あの山羊チーズの名前はサントモール・ドゥ・トゥレーヌだからね。
買うのならば木炭のかかったものを。
“白ヤギさん”は避けて“黒ヤギさん”。
これを忘れないで下さい。

それにしても5時間も一体何を話し込んだんだろう?
本当にアッという間だったね!
来年、来日されたときには是非また食事へ行きましょう。





■ワコメ 2009年7月 9日 (木) 21:18

かごに入っているパンの量に驚きました(笑)どれもおいしそうですね。
もちろん料理もです。チーズワゴンすごいですね!
私なら全部試してみるかもしれません。本場のチーズ食べてみたいです。

★ワコメ様 ヒロキエ

パンもチーズも種類が豊富で、どれ選んで良いのか迷ったほどでした。
チーズは日本でも充分、状態の良いものが食べられるし、
東京の三ツ星フレンチもチーズの熟成はレベル高いよ。





■はーるん 2009年7月 9日 (木) 22:29

コメントするのを楽しみに東京から岐阜に戻ってきました^^
福岡に、フランスに・・本当にフットワークが軽いですね~!
私も見習わなければ!
待ってるだけじゃ美味しいものとの出会いは無いですよね。

パンが豪快に盛られていますね!この種類の多さ!
でも料理の邪魔をしないオーソドックスなタイプのパンなのでしょうか?
さすが3つ星・・パン、美味しいからパクパク食べて肝心のお料理が
入らなくなりそう・・しかもバターもとっても美味しいのでしょうね。
それだけで御馳走ですー!

それにしても、まるでアートのような料理の数々・・
白身魚のムースなんて、ケーキと見紛うばかり!
サバのソテー、ゼリーで包んであるのでしょうか?
鯖の色とシマ模様がキレイですね。
船に見立てるなんて、ユーモアと想像力が豊かなシェフなんでしょうね・・
エノキ三兄弟のお皿でも、コケティッシュで食べる側が思わず
微笑んでしまう可愛らしさがありますーー!

お肉料理の鳩は一転してマッチョ?な雰囲気ですね。
こういうお皿があると安心します。
フランス料理のコースのメリハリがあって、満足感が得られるように
構成してあるんですね・・

レモン風味のキャビアですか!どんな味なのか気になります!
塩バターとグレープフルーツのマッシュポテトも味が想像できないです・・

しかし、さすがというか、ソースとバター使いが圧巻です・・
加えておそろしく手間暇がかかっていますよね。

食べるのは一瞬ですが美味しいものって記憶に焼きつきます。
時間が経つにつれて鮮明になることもある気がします。
そんな料理に出会えたら幸せですよね。
料理人って魔法使いだなーって思います。

待ってました久しぶりのチーズのワゴン!
フランスレポートだったら必ず登場すると思ってわくわくしてました
モンドールというチーズはた食べられましたか?
私が大好きなチーズなんです^^;

5時間もゆっくり居られる、ホスピタリティー溢れるお店なんですね。
チーズワゴンでワイン頼んで、紅茶も楽しんでゆったりとしたひと時に浸りたい・・

お忙しいのに長々とコメントごめんなさい・・簡潔に言うと、
美味しそう!食べてみたい!羨ましい!です♪

★はーるん様 ヒロキエ

何だか1人芝居やってるみたいですね(笑)
私があれこれ返事する必要が無いかもヨ。

モンドールかぁ・・・。
秋が待ち遠しいね。
「モンドール」と「ヴァシュラン・モンドール」の食べ比べも楽しいよ。

ホント「ブリストル」は、5時間も居たのに
全然、追い立てるような空気が無くて、居心地最高でした。





■たけ 2009年7月 9日 (木) 22:53

お~~クーラーにはクリコ、モエ、そしてもちろんKRUGですねっ!
アスペルジュブランシュにクリコ、マリアージュを想像しただけで涎ものです

Bristol、最も行ってみたいお店の一つなんです
去年パリへ行った時、
「さすがに女性一人でグランメゾンは寒すぎるもんね。。。」と
淋しく写真だけ撮りに行きました(笑

一度も会ったことのないウヒヒのおじちゃんだろうが
誰だろうが、私だったら迷わず付いて行きます♪

★たけ様 ヒロキエ

5コマ目を見ただけで何だか判っちゃうってのが凄いですね。
さすがソムリエさんです。

ブリストルって女性の方が知ってる人、多いんだよね。
ホテルが有名だからってこともあるのかな?

行きたいお店だったら、うひひのおじちゃんでも誰でもついて行っちゃいますか?
たぶん、たけさんが一番、相手の男性を選ぶ女性だと思うんだけどなぁ・・・。




スポンサーサイト
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。