プロフィール

 ヒロキエ

Author: ヒロキエ
某TV局の初代法廷画家

検索フォーム
月別アーカイブ
掲載本・雑誌
2012 ロメスパ案内人
2010 パワーブロガー
2010 パフェ座談会で語る!
2009 初の共著!
2009 漫画コラムを担当!
2007 店探しの手がかりに
2007 個性的な店の食べ歩き
2006 ブログ部門ベスト20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本橋 室壱羅麺

日本橋 室壱羅麺
中央区日本橋室町1-12-12

11:00~15:00/17:30~21:30
土 11:00~15:00
定休:日曜



1muroichi1.jpg
1muroichi2.jpg


日本橋「室壱羅麺」

毎年、楽しみにしている
この方の本
今年、新たに紹介された店

実生活では、すっかりと
ラーメンの食べ歩きから
縁遠くなってしまった私ですが
この店は行動エリア内にあるということで
どれどれと勇んで行って参りました

スープを一口すすると

お~こりゃ、かなり美味い!

その上にメニューが豊富

すっかり気にいって3日間
通いつめちゃいましたヨ
(^^)

麺のアップ写真の中に
四角くて黄色いものが見えますよね

あれはショウガなんです

豚骨&魚介のダブルスープの中にも
実はショウガが溶け込んでいます

一言で言うと
ショウガが良い仕事をしている
ラーメンなんですね

もちろん、ショウガだけしか評価できない
ラーメンではありませんけど



新橋「おらが」は玉ネギ

ここ日本橋「室壱羅麺」はショウガ

という訳で
薬味が印象に残るラーメンが
増えているのでショウガ?
(^^;

そのうち「ミョウガ」を乗せる
ラーメンが出てくるかも?

なぁ~んて想像したりする
昔ラオタの私なのであります



2muroichi1.jpg
2muroichi2.jpg


平日の夜に出る
「つけ麺」は
細麺(160g)と
太麺(200g、300g、値段同じ)の
どちらかを選んで注文します
850円

今回、紹介した
同じく平日の夜に提供される
「ミックスつけ麺」は
細麺(160g)と太麺(200g)の
コラボでボリューム満点!
1,000円

プチプチした全粒粉の細麺も
美味しいですが
国産小麦100%の太麺
こちらが特にオススメ

スープに浸けないで
麺だけ食べても
旨味をしっかりと感じる
かなり優れもんの麺です


「お昼のつけ麺」
混雑するランチタイムに
短時間で出すことが
出来るようにと
素麺並の細麺になっています
800円





3muroichi1.jpg
3muroichi2.jpg


ラオタ諸君よ、知ってっか?
日本橋「室壱羅麺」
裏メニューの巻

券売機で
「夜の冷たい羅麺 800円」を
購入して、店員さんに
「あったかい中華そばで」
と言って手渡して下さい

作ってくれるはずです
たぶん…

ダメだったらゴメン(笑)

でも裏メニューを注文する前に
まずは夏季限定「夜の冷たい羅麺」を
食べて頂戴ね



30年前には
平均して毎日、ラーメンを2杯
食べていた私

昔はどんなタイプのラーメンも
喜んで食べていたんだけれど
今ではギトギト系ラーメンは
ほとんど食べなくなってしまいました

でも魚介豚骨系なら
まだまだ食べ廻る気はあります

この「室壱羅麺」を皮切りに
最近、評判の魚介豚骨系の店を
いろいろと廻ってみようかなという
気持ちが強くなってきました

まずは高田馬場あたりからかな…





スポンサーサイト
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
エリア別
ジャンル別
忘れ得ぬ食い道楽
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。